ホワイトニング一覧

歯ブラシの進化とホワイトニング効果の関係とは?最先端の技術は何?

歯ブラシはさまざまな種類が販売され、近年は電動歯ブラシも多くの種類が生まれてきています。すでに歯ブラシの形状すら残さず、マウスピースを加えるような形でホワイトニングを始めとした口腔ケアをするグッズも登場していますね。歯の黄ばみは人間関係においても損をするばかりなので日頃のケアが重要です。

シローズ(Shiro`s)のホワイトニング効果に嘘はない?口コミ・成分・コスパ等評価!

シローズ(Shiro`s)はこれまでにない画期的な電動タイプの歯ブラシ。特徴は今までの歯磨きにかかる時間を大きく時短し、歯にも優しい設計です。そして、専用の泡ハミガキを使いシローズ(Shiro`s)本体に内蔵されているLEDライトを照射することで歯の汚れを落とし、ホワイトニングも可能です。

歯のホワイトニングで研磨剤が配合されていない歯磨き粉のメリットとデメリットとは?

市販の歯磨き粉の多くに歯の汚れを落とすための研磨剤が配合されています。歯の健康面からみると、研磨剤入りの歯磨き粉を使っていると歯に傷がつきやすくなりますし、美容面でいうと歯の黄ばみがひどくなる可能性もあります。この記事ではそんな研磨剤に着目し、研磨剤が入っていなくても歯の黄ばみを落とす方法についても紹介しています。

ホワイトニングでシミるとか痛いのはなぜ?優しいオーラルケアとは?

歯科医院でホワイトニングした時に、歯がシミたり、痛みが出るといった副作用のようなものが起こるケースが結構多いようです。この記事では、どんな症状が起きるのか、そして、それを予防する方法はあるのかなどを紹介しています。また、すぐにハードルの高い歯科医院でのホワイトニングよりも、自宅で自分で簡単に行える方法を解説しています。

ホワイトニングは保険適用外で高額?しみて痛いって本当?

歯の黄ばみは特に人と会う機会が多い人にとっては切実な問題です。とはいえ、歯科医院などでのホワイトニングの場合には、保険適用外なため、かなりの高額に。また、濃度の高い過酸化水素などを使う場合、しみて痛みがでたりしますし、食事制限もかなりあります。そんなホワイトニングの価格の目安とさらに手軽に出来る方法を紹介しています。