シロクナリーナとキラビアンカのホワイトニング効果の比較と選び方!

歯が黄ばんでいると人前で笑うことに抵抗を感じてしまいませんか?

特に、接客業や営業マン、経営者などは人と接することが多いですよね。

大事なビジネスの話をする時に、自分の歯が黄ばみが気になると話しに集中できなくなりそうですね。

いくら良いスーツを着ても、そして爽やかな清潔感を出そうとしても、ひとたび口を開けた時に、歯の黄ばみが目立つと印象は急降下!

美容歯科などでホワイトニングをすると費用もかかりますし、通院する時間も取れないので、せめてしっかりと歯を磨くことくらいしかしていないのではないでしょうか。

でも、一度黄ばんでしまうと、なかなかその色は落ちませんし、たとえ一時的に黄ばみが薄くなってもケアを怠るとすぐに元の黄ばんだ歯に戻ってしまいます。

そんな歯の黄ばみで悩んでいるあなたに自宅でそれ程お金をかけずにホワイトニングが出来るホワイトニンググッズを紹介します。

シロクナリーナキラビアンカ シロクナリーナシロクナリーナキラビアンカ キラビアンカ

「シロクナリーナ」

「キラビアンカ」

上記商品を徹底比較してみましたので、参考にして下さいね。

⇒ すぐに「シロクナリーナ」と「キラビアンカ」の選び方を確認したい人はココをクリック

「シロクナリーナ」と「キラビアンカ」のメリット・デメリットとは?

シロクナリーナキラビアンカ メリットデメリット

「シロクナリーナ」と「キラビアンカ」のメリット・デメリットを比較してみました。

「シロクナリーナ」のメリットとデメリットとは?

・「シロクナリーナ」メリット

「シロクナリーナ」はホワイトニンググッズの業界では、もっとも早く光触媒を利用して歯の黄ばみを落とすホワイトニンググッズです。

ホワイトニングジェルを使うのですが、その後にLEDライトを当てて歯の黄ばみを浮かすという特徴があるんです。

それでは、「シロクナリーナ」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

1つ目の「シロクナリーナ」のメリットは、これだけでホワイトニング、殺菌作用、消臭作用、汚れ不着防止効果が期待できることです。

「シロクナリーナ」は、光触媒作用を利用しているために、歯磨きの前後に、LEDライトを照射する必要があります。

照射する時間は、歯磨き粉を歯ブラシに付けた後の30~60秒、歯磨きが終わって口をゆすいだ後の30~60秒と最大2分間だけです。

いつもの歯磨きとの違いは、わずか2分だけなので、ルーティン化してしまえば面倒くさがりの人でも大丈夫そうですね。

2つ目の「シロクナリーナ」のメリットは、国内生産で安心して使えることです。

歯のホワイトニングの方法として、海外などで使われているホワイトニングジェルなどを手に入れて使われている人もいるようですが、海外のものは使用する液剤の濃度が高くて、知覚過敏になったという声も聞かれます。

「シロクナリーナ」は、日本産で厳しい品質管理の元で商品化されているので安心して使えます。

3つ目の「シロクナリーナ」のメリットは、最初にも上げた通り、LEDライトを使って光触媒反応を有効利用している点です。

シロクナリーナキラビアンカ シロクナリーナ仕組み

そのイメージを紹介すると上記のように酸化チタンとLEDライト照射

① 歯に付着したステインなどで歯が黄ばんでいる状態

② 光触媒作用でステイン・汚れを浮き上がらせる

③ ブラッシングで汚れを落とし、再付着を予防

といった流れで、歯の黄ばみにアプローチしています。

「シロクナリーナ」の光触媒反応の仕組みを知りたい人は
⇒ どんな成分でどんな効果があるの?

・「シロクナリーナ」のデメリット

1つ目の「シロクナリーナ」のデメリットは、LEDライトを当てるという手間が増えて面倒な点です。(特に朝は忙しいのでたった2分でももったいないと感じる人もいるのでは)

シロクナリーナのLEDを照射する時間は、他のLEDライトを当てるタイプのホワイトニンググッズと比較すると短いです。

ただ、今回比較している「キラビアンカ」のように、LEDライトを使わず、ホワイトニングジェルのようにいつもの歯磨きと替えるだけの商品と比較すると面倒ですね。

2つ目の「シロクナリーナ」のデメリットは初回のスターターセットが高い点です。

通常のホワイトニング用ジェルなどでは、ジェル以外には購入するものはありませんが、LEDライトの購入が必要なのでどうしても高くなってしまいます。

ただ、継続して使う場合には、購入するのはジェルだけなので、2回目以降の値段はそれほどは高くならないので、安心してください。

「シロクナリーナ」も薬局では販売されてません。通販専用の商品で購入は公式サイトが安心・安全ですよ。

詳細 ⇒ シロクナリーナの公式ページ

「キラビアンカ」のメリットとデメリットとは?

続いて、「キラビアンカ」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

その特徴はブラッシングと併用することで、歯が白くなるだけでなく以下の効果効能が期待できるところにあります。

「口臭を防ぐ」
「虫歯を防ぐ」
「歯垢を除去する」
「口中を浄化する」
「歯石の沈着を防ぐ」
「歯のやにを取る」

・「キラビアンカ」のメリット

1つ目の「キラビアンカ」のメリットは、普段に使っている歯磨き粉を「キラビアンカ」に変えるだけでケアできる点です。

簡単に使えるので、面倒くさがりの人でも挫折せずに使い続けることができますね。

2つ目の「キラビアンカ」のメリットは、公式ページでキャンペーン中の定期コースを申し込めば、なんと初回100円税込でスタートできる点です。

ちょっとびっくりするような価格ですが、注意すべきは定期コースなので、「縛り」があり、2回目以降はかなり高額になります。

3つ目の「キラビアンカ」のメリットは、ホワイトニングだけでなく、上記の特徴にも上げたように虫歯予防・歯垢の除去・口臭予防の効果も期待出来ることです。

「キラビアンカ」は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が配合されている医薬部外品であることも大きなメリットです。

もちろん、無添加で「研磨剤」「発泡剤」「ラウリル硫酸」「漂白剤」「鉱物油」「サッカリン」「合成着色料」は入っていませんので安心です。

さらに「キラビアンカ」の成分が知りたい人は ⇒ キラビアンカの全成分をチェック

・「キラビアンカ」のデメリット

1つ目の「キラビアンカ」のデメリットは、定期コースの初回料金は格安ですが、2回目以降は1本当たり通常価格の半額とはいえ、3,400円税別+送料(しかも15日間)と決して安くはない価格です。

とはいえ、美容歯科などでホワイトニングをすることを考えるとコスパは断然にいいです。

2つ目の「キラビアンカ」のデメリットは、すぐに解約が出来ないことです。

一方「シロクナリーナ」も解約手続きは必要ですが、いつでも解約できることを考えるとより「キラビアンカ」の方が手続きが複雑ですね。

「シロクナリーナ」と同様に「キラビアンカ」も薬局では販売されてません。通販専用の商品で購入は公式サイトが安心・安全ですよ。

詳細 ⇒ キラビアンカの公式ページ

全成分の比較徹底検証!その特徴とは?副作用は大丈夫?

次に2つの商品「シロクナリーナ」と「キラビアンカ」の全成分について紹介します。

「シロクナリーナ」の全成分

水、グリセリン(保湿剤)、酸化チタン(着色剤)、ソルビトール(保湿剤)、アルギン酸Na(増粘剤)、ヒドロキシアパタイト(研磨剤)、コカミドプロピルベタイン(洗浄剤)、トレハロース(保湿剤)、クエン酸(pH調整剤)、クエン酸Na(pH調整剤)、シクロデキストリン(吸着剤)、ポリ-ε-リシン(製品の品質保持剤)、メチルパラベン(防腐剤)、スペアミント油(香味剤)、香料(ミントタイプ)

「キラビアンカ」の全成分

水(溶剤)、グリセリン(保湿剤)、BG(溶剤)、キシリトール(甘味料)、キサンタンガム(粘結剤)、ポリアクリル酸Na(粘結剤)、PEG-60水添ヒマシ油(可溶化剤)、ポリリン酸Na(ph調整剤)メタリン酸Na(ph調整剤)ピロリン酸4Na(ph調整剤)、エタノール(溶剤)、グリチルリチン酸2K(湿潤剤)、ヒドロキシアパタイト(清掃剤)、デキストリン(甘味剤)、パパイン(清掃助剤)トウキ根エキス(湿潤剤)、シャクヤク根エキス(湿潤剤)ローズマリー葉エキス(湿潤剤)、セージ葉エキス(湿潤剤)、スイカズラ葉エキス(湿潤剤)、メチルパラベン(防腐剤)、メントール(清涼剤)、香料(着香剤)

歯のホワイトニングと洗浄、再付着防止の効果のある成分を赤字で示しています。

こうして見ると、同じホワイトニングジェルでもかなり成分は違いますね。

成分表で見てみると「シロクナリーナ」は酸化チタンにLEDライトを照射することで歯の黄ばみを落とすことに特化しています。

一方「キラビアンカ」は、ポリリン酸Na、メタリン酸Naなどほかのホワイトニングジェルなどにも使用されている定番成分を使用している点と口内環境を良くするために、いくつかの天然由来成分が配合されています。

個人差があるので、これまでポリリン酸Na,メタリン酸Naを使ったホワイトニングジェルを使ってあまり効果を感じることが出来なかった人には、「シロクナリーナ」を試してみるのもいいかもしれませんね。

副作用については?

シロクナリーナキラビアンカ 副作用

「シロクナリーナ」と「キラビアンカ」ともに、ヒドロキシアパタイトという研磨剤が気になります。

通常研磨剤は歯の表面に傷をつけてしまうので、一時的に歯の黄ばみを落とすことができますが、研磨剤で出来た傷の付いた後に食べ物などの色素が入り込むため、研磨剤不使用の歯磨き粉が推奨されています。

ただ、ヒドロキシアパタイトは、研磨剤ではあるものの汚れを吸着して落とすという特徴があり、初期の虫歯を再石灰化する働きを持つので、適量であればホワイトニングに効果があります

それ以外には「シロクナリーナ」も「キラビアンカ」も体に悪い成分が入っていないので、副作用を起こす心配はあまりありません。

ただ、どちらかというと「キラビアンカ」には、天然素材の成分が配合されている分、アレルギー体質の方はかかりつけの医師か薬剤師に確認してから使いことをおススメします。

年齢や性別などのターゲットの違いは?

ここでは、それぞれの商品のターゲット層の違いなどについても検証してみましたよ。
「シロクナリーナ」の方は、10~60歳と幅広く使われています。

一方「キラビアンカ」の方は、公式ページからもわかるように、そのターゲットは20代~40代を狙っています。

男性と女性ともに使える?

シロクナリーナキラビアンカ 男女

「シロクナリーナ」は意外と男性の利用が多いです。

一方「キラビアンカ」はどちらかというと女性が多いです。

いずれも性別よりも、接客業や営業、経営者など人と接することが多い職業の人におススメですね。

妊娠中、授乳期でも使っても大丈夫?

シロクナリーナキラビアンカ 妊婦

使われているジェルは、「シロクナリーナ」も「キラビアンカ」とも体に悪影響のある成分は入っていないので問題はありません。

「シロクナリーナ」はLEDライトを照射しますが、人体には影響しないものなので、妊娠中、授乳中に使用しても大丈夫です。

ただし、デリケートな時期なので、もし異常を感じたら、使用を止めて、かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

ホワイトニングにかかる期間は?

「シロクナリーナ」は3ヶ月くらいで効果を実感できる人が多いですね。

途中で止めてしまうと、新たな汚れが付着してしまうので、継続する必要があります。

「キラビアンカ」も早い人は1ヶ月目くらいからで、多くの人が3ヶ月くらいで効果を実感できる人が多いようです。

歯のホワイトニングは、毎日の食事などで、どんどん新しく着色されて黄ばんでいくので、半年~1年と長く続けることで歯の白さをキープすることができます。

ホワイトニングの能力は?

今回は比較した商品は、ホワイトニング方法が違うので一概には比較しにくいですが、口コミなどを見ると、どちらかと言えば「キラビアンカ」の方が効果を実感できるのが早いようです。

「キラビアンカ」は、ホワイトニングジェルとしては、王道の成分が配合されているので、同じホワイトニングジェルであまり効果を感じることができなかった人は「シロクナリーナ」を試してもよいかと思いますね。

価格や返金保証などの違いをチェック!

シロクナリーナキラビアンカ プライス

商品の価格や返金保証の有無などを比較してみました。

まずは価格から見てみましょう。

「シロクナリーナ」「キラビアンカ」ともに購入する場合には公式ページからが一番お得ですね。

商 品 名 初回価格 2回目以降の価格
「シロクナリーナ」 4,318円税込・送料無料
(通常価格の約20%OFF)
ジェルとLEDライト
2,700円税込+送料650円
(ジェルのみ)
「キラビアンカ」
内容量30g/1本
100円税込・送料無料
(通常価格の7,344円)
4,172円税込・送料込
(15日間の価格)

「シロクナリーナ」と「キラビアンカ」と比較すると、「キラビアンカ」が特に初回が安いことと、「シロクナリーナ」が初回はLEDを購入しなければいけないため、「シロクナリーナ」の方が、かなり高くなってしまいます。

また、後ほど「縛り」のところでも解説しますが、「キラビアンカ」は、2週間に1回の間隔で商品が発送されていきます。

そのため、2回目以降は上記料金の倍になりますので、2ヶ月目と3ヶ月目は4,172円税込・送料込み×2本=8,344円税込・送料込となり大幅に高くなってしまいます。

ただ、ほかのホワイトニングジェルの内容量は30gで1カ月使えるものも多いので、6回目(3ヶ月分)が届い後は、お届けのタイミングを1ヶ月に1回にすれば費用を抑えることが出来ますね。

さらにわかりやすいように、6ヶ月使用した際にかかる費用を下記に表にしましたので、参考にして下さい。(6ヶ月の場合のキラビアンカの価格は、4ヶ月目から月1回に変更の場合)

期 間 「シロクナリーナ」 「キラビアンカ」
初回価格 4,318円込込 100円込込
3ヶ月の合計 11,018円込込 20,960円込込
6ヶ月の合計 21,068円込込 33,476円込込

上記のように、長く使った場合、「シロクナリーナ」の方がコスパが良いことが分かりました。

定期コースの「縛り」はどう?

「シロクナリーナ」は、単品購入なので「縛り」はありません。

一方「キラビアンカ」の場合は、初回を大幅値下げしていることもあって「縛り」があります。

その条件は、初回を含む3ヶ月分(6回分)の受取が必要になっていますね。

また、多くのホワイトニングジェルなどの商品は、1ヶ月に1回のお届けであることが多いのですが、「縛り」の期間の受取が終わるまでは、「キラビアンカ」は半月に1回などで注意しましょう。

返金保証はついているの?

「シロクナリーナ」と「キラビアンカ」ともに返金保証は付いていません。

選ぶ時のコツは?

シロクナリーナキラビアンカ 選び方

「シロクナリーナ」は光触媒作用を使った商品で、LEDライトは歯ブラシと別なので、お好みの歯ブラシを使って歯を白くしたいにぴったりです。

一方、「キラビアンカ」は少しコスパは高くなりますが、高いホワイトニング力で歯を白くしたい人にぴったりです。

「シロクナリーナ」と「キラビアンカ」のホワイトニングの比較のまとめ

いかがでしたか?

歯が黄ばんでいたり、くすんでいると見た目年齢が高く老け顔になって、何をするにしても消極的になってしまいます。

見た目はもちろんですが、歯の黄ばみがコンプレックスになってしまうのは避けたいですよね。

歯を少しでも白くして、笑顔のステキな自分を取り戻すことが出来るのが一番ではないでしょうか。

LEDライトとお好みの歯ブラシで歯を白くしたい人に「シロクナリーナ」が向いています。
詳しくはお得な公式サイト ⇒ シロクナリーナの公式ページ

ちょっと高いめだけど高いホワイトニング力で歯を白くしたい人に「キラビアンカ」は向いています。
詳しくはお得な公式サイト ⇒ キラビアンカの公式ページ