シロクナリーナとビースマイルホワイトニングキットのホワイトニング効果の比較と選び方!

あなたは人と話をする時に歯の黄ばみが気になって思わず手で隠してしまったりしたことはないですか?

毎朝歯を磨くたびに鏡に映る自分の黄ばんだ歯を見ていると嫌になってしまいますよね。

歯の黄ばみは老けて見えるだけでなく、清潔感も損なわれて、だらしなく思われるなど、デメリットが非常に大きいです。

人とあまり接しない仕事などの場合はそれほど問題ではないかもしれませんが、営業や接客業などの場合、第一印象も悪くなってしまい、マイナスのイメージからスタートすることになるので、何とか手を打ちたいものですね。

ホワイトニングというと、芸能人のような白さをイメージするかもしれませんが、よく見ると歯だけが異常に白くて不自然に感じませんか?

そこまで白くしようと思うと、美容歯科などでホワイトニングしなければいけまぜんが、保険が効かないのでかなり高額な費用が必要になり、通院の時間を取る必要も出てきます。

そんな時に試して欲しいのが、自宅でも出来るホワイトニング方法です。

この記事では、そんなホワイトニング方法の中でも、液剤にLEDライトを当てるタイプの商品をさまざまな角度から比較してみましたので是非参考にしてみてください。

シロクナリーナビースマイル シロクナリーナシロクナリーナビースマイル ビースマイル 

「シロクナリーナ」

「ビースマイルホワイトニングキット」

上記商品を比較してみました。

⇒ すぐに「シロクナリーナ」と「ビースマイルホワイトニングキット」の選び方を確認したい人はココをクリック

「シロクナリーナ」と「ビースマイルホワイトニングキット」のメリット・デメリットとは?

シロクナリーナビースマイル メリットデメリット

「シロクナリーナ」と「ビースマイルホワイトニングキット」のメリット・デメリットを比較してみました。

「シロクナリーナ」のメリットとデメリットとは?

・「シロクナリーナ」メリット

「シロクナリーナ」は業界でもっとも早く光触媒を利用したホワイトニンググッズです。

1つ目の「シロクナリーナ」のメリットは、これ1本でホワイトニング、殺菌作用、消臭作用、汚れ不着防止効果が期待できます。

「シロクナリーナ」は、光触媒作用を利用しているために、歯磨きの前後に、LEDライトを照射する必要があります。

とはいえ、照射する時間は、歯磨き粉を歯ブラシに付けた後の30~60秒、歯磨きが終わって口をゆすいだ後の30~60秒と最大2分

わずか2分と短いので習慣化してしまえば問題はないように私は感じました。

2つ目の「シロクナリーナ」のメリットですが、国内生産で安心して使えることです。

歯のホワイトニングの方法として海外などで使われているホワイトニングジェルなどを手に入れて使われている人もいるようですが、液剤が強すぎて、知覚過敏になったという声も聞かれます。

日本産で厳しい品質管理の元で商品化されているので安心して使えます。

3つ目の「シロクナリーナ」のメリットは光触媒反応を有効利用している点です。

そのイメージを紹介すると酸化チタンとLEDライト照射で

① 歯に付着したステインなどで歯が黄ばんでいる状態

② 光触媒作用でステイン・汚れを浮き上がらせる

③ ブラッシングで汚れを落とし、再付着を予防

といった流れで、歯の黄ばみにアプローチしています。

・「シロクナリーナ」のデメリット

1つ目の「シロクナリーナ」のデメリットは、LEDライトを当てるという手間が増えて面倒な点です。

シロクナリーナのLEDを照射する時間は他のLEDライトを当てるタイプのホワイトニンググッズと比較すると短いですが、LEDライトを使わないホワイトニングジェルのようにいつもの歯磨きと替えるだけの商品と比較すると面倒ですね。

2つ目の「シロクナリーナ」のデメリットは初回のスターターセットが高い点です。

通常のホワイトニング用ジェルなどでは、ジェル以外には購入するものはありませんが、LEDライトの購入が必要なのでどうしても高くなってしまいます。

ただ、継続して使う場合には、購入するのはジェルだけなので、2回目以降の値段はそれほどは高くならないので、安心してください。

「シロクナリーナ」は薬局では販売されてません。通販専用の商品で購入は公式サイトが安心・安全ですよ。

詳細 ⇒ シロクナリーナの公式ページ

「ビースマイルホワイトニングキット」のメリットとデメリットとは?

「ビースマイルホワイトニングキット」も「シロクナリーナ」と同様にLEDライトを当てることで、光触媒効果を利用するタイプのホワイトニンググッズです。

そのため、基本的なメリット、デメリットは「シロクナリーナ」とほぼ同じです。

大きな違いは、使用方法とLEDライトの使いやすさと照射時間です。

具体的に解説します。

1.使用方法

「ビースマイルホワイトニングキット」の使用方法の手順は3つあります。

① 歯磨き粉を歯ブラシにつけてLEDライトを照射する(30~60秒)

② いつも通りにブラッシング(5分~10分)

③ 口をゆすい後、歯から1センチほど離したところからLEDライトを照射する(30~60秒)

「ビースマイルホワイトニングキット」の使用方法の手順は、以下の4つです。

① 普通に歯磨きをする(5分~10分)

② 歯かマウスピースにジェルを塗る(30~60秒)

③ マウスピースを口につけて電源を入れる(10分間)

④ 軽くゆすいだ後仕上げにブラッシングをする(3分)

その手順を見ると、「ビースマイルホワイトニングキット」の方が、手順が多く手間がかかりますね。

2.LEDライトの使いやすさ

「シロクナリーナ」は、LEDライトは手で持つ必要がありますが、「ビースマイルホワイトニングキット」は、マウスピースが付いており、口に加えてしまえば両手が空きます。

また、「ビースマイルホワイトニングキット」のLEDライトはタイマー付きなので、照射時間を計る必要がありません。

3.LEDライトの照射時間

シロクナリーナビースマイル 使用時間

「シロクナリーナ」は合計で1~2分、「ビースマイルホワイトニングキット」は10分間LEDライト照射することになります。

手間を考えると「シロクナリーナ」の方が短くて済みますが、その効果を考えた時には、10分間LEDライトを当て続ける「ビースマイルホワイトニングキット」の方がホワイトニング効果が発揮されやすいですね。

また、「シロクナリーナ」は、毎日使う必要がありますが、「ビースマイルホワイトニングキット」は、はじめての人でも週に3回程度、今の白さをキープするだけの場合は、週に1回を目安に使うだけでホワイトニング効果が発揮されます。

詳細 ⇒ ビースマイルで白い歯へ【ホワイトニングスタートキット】

全成分の比較徹底検証!その特徴とは?副作用は大丈夫?

次に2つの商品「シロクナリーナ」と「ビースマイルホワイトニングキット」の全成分について紹介します。

「シロクナリーナ」の全成分

水、グリセリン(保湿剤)、酸化チタン(着色剤)、ソルビトール(保湿剤)、アルギン酸Na(増粘剤)、ヒドロキシアパタイト(研磨剤)、コカミドプロピルベタイン(洗浄剤)、トレハロース(保湿剤)、クエン酸(pH調整剤)、クエン酸Na(pH調整剤)、シクロデキストリン(吸着剤)、ポリ-ε-リシン(製品の品質保持剤)、メチルパラベン(防腐剤)、スペアミント油(香味剤)、香料(ミントタイプ)

「ビースマイルホワイトニングキット」の全成分

水、グリセリン、エタノール、キサンタンガム、酸化チタン、クエン酸、ステビア葉/茎エキス、メントール、メタリン酸Naヒドロキシアパタイト、セルロースガム、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-150、香料、赤102、青1、安息香酸Na

歯のホワイトニングと洗浄、再付着防止の効果のある成分を赤字で示しています。

どちらもホワイトニングのメインとなるのは、酸化チタンですね。

成分の違いでみると、「ビースマイルホワイトニングキット」には、メタリン酸Naが配合されており、酸化チタンの光触媒反応とは違うホワイトニング効果のある成分が使われています。

副作用については?

シロクナリーナビースマイル 副作用

「シロクナリーナ」と「ビースマイルホワイトニングキット」ともに、ヒドロキシアパタイトという研磨剤が気になりますね。

通常研磨剤は歯の表面に傷をつけてしまうので、一時的に歯の黄ばみを落とすことができますが、傷が付いたあとに色素が入り込むため、研磨剤が入っていない歯磨き粉が推奨されています。

ただ、ヒドロキシアパタイトは、汚れを吸着して落とすという作用があり、フッ素不使用で初期の虫歯を再石灰化する働きを持つので、適量であればホワイトニングに効果があります

それ以外には「シロクナリーナ」も「ビースマイルホワイトニングキット」も体に悪い成分が入っていないので、副作用を起こす心配はあまりありません。

ただ、アレルギー体質の方は成分表を持って、かかりつけの医師か薬剤師に確認してから使いことをおススメします。

年齢や性別などのターゲットの違いは?

ここでは、それぞれの商品のターゲット層の違いなどについても検証してみましたよ。

「シロクナリーナ」の方は、10~60歳と幅広く使われています。

一方「ビースマイルホワイトニングキット」は、30歳代以上におススメです。

男性と女性ともに使える?

シロクナリーナビースマイル 男女

「シロクナリーナ」は意外と男性の利用が多いです。

一方「ビースマイルホワイトニングキット」も女性だけでなく、男性の利用者も多くいます。

いずれも性別よりも、接客業や営業、経営者など人と接することが多い職業の人におススメですね。

妊娠中、授乳期でも使っても大丈夫?

シロクナリーナビースマイル 授乳中

使われているジェルは、「シロクナリーナ」も「ビースマイルホワイトニングキット」ともに、体に悪影響のある成分は入っていないので問題はありません。

いずれもLEDライトを照射しますが、人体には影響しないものです。

ただ、デリケートな時期なので、もし異常を感じたら、使用を止めて、かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

ホワイトニングにかかる期間は?

「シロクナリーナ」は3ヶ月くらいで効果を実感できる人が多いですね。

途中で止めてしまうと、新たな汚れが付着してしまうので、継続する必要があります。

一方「ビースマイルホワイトニングキット」も最低3ヶ月使い続けることで効果が実感できます。

さらに、使用頻度を週1回ぐらいにして、半年~1年と使い続けると白さがキープできます。

ホワイトニングの能力は?

「シロクナリーナ」も「ビースマイルホワイトニングキット」もLEDライトを使った光触媒効果を売りとした商品です。

「ビースマイルホワイトニングキット」は、汚れを浮かせて取り除く作用を持つメタリン酸Naが配合されているため、総合的なホワイトニング力は高いと推察できますね。

価格や返金保証などの違いをチェック!

商品の価格や返金保証の有無などを比較してみました。

商品の価格を比較!

まずは価格から見てみましょう。

「シロクナリーナ」「ビースマイルホワイトニングキット」ともに購入する場合には公式ページからが一番お得です。

1.初回購入の価格を比較

「シロクナリーナ」も「」ビースマイルホワイトニングキット」も初回はジェルだけでなく、LEDライトなどの付属品の購入が必要です。

・「シロクナリーナ」

シロクナリーナスタートセット(シロクナリーナ1本100g ホワイトニングLEDライト1個)

通常価格 4,980円 ⇒ 4,318円+送料650円=4,968円税込送料込

・「ビースマイルホワイトニングキット」

ビースマイルホワイトニングキット(LED ジェル マウスピース)

通常価格 6,000円(税抜) ⇒ 5,184円税込・送料無料

価格を比較してみると、やや「ビースマイルホワイトニングキット」が高いですが、公式ページの期間限定キャンペーンで購入すると、ジェルが1本(定期価格2,916円税込)無料で付いてきます。

2.継続して使った場合

「シロクナリーナ」「ビースマイルホワイトニングキット」ともに、2回目以降はジェルのみの購入になります。

「シロクナリーナ」は、1本3,350円税込・送料込

「ビースマイルホワイトニングキット」は、1本3,116円税込・送料込

分かりやすいように、以下に半年と1年使用した際の価格を表にしました。

項  目 シロクナリーナ ビースマイルホワイトニングキット
初回購入 4,968円税込・送料込 5,184円税込・送料込
2回目 3,350円税込・送料込 3,116円税込・送料込
3ヶ月合計 11,668円税込・送料込 11,416円税込・送料込
半年合計 21,718円税込・送料込 20,764円税込・送料込
1年合計 41,818円税込・送料込 39,460円税込・送料込

公式ページで購入した場合、キャンペーンで購入したとすると、「ビースマイルホワイトニングキット」には初回ジェルが1本付いてくるので、初回購入もお得ですし、3ヶ月・半年・1年と見ても「ビースマイルホワイトニングキット」の方がややお得です。

また、「ビースマイルホワイトニングキット」のジェルは1本で約15回分使えるので、汚れの多い期間は、2日に1回の使用になります。

そして、ある程度続けて白さを実感できるようになると、週に1回程度その白さをキープできるので、ジェル1本で15週(3~4ヶ月)使えるようになるので、コスパは大幅にアップしますね。

定期コースの「縛り」はどう?(縛りは定期コースで数回継続することが条件になっていることです)

「シロクナリーナ」は、単品購入なので「縛り」はありません。。

一方「ビースマイルホワイトニングキット」については、初回を購入を格安にしていることもあり、最低3回以上の継続が必要です。

もし、その途中で解約すると、定期便ではなくて、単品と見なされるため、差額が必要になってしまうので注意しましょう。

返金保証はついているの?

「シロクナリーナ」と「ビースマイルホワイトニングキット」ともに返金保証は付いていません

選ぶ時のコツは?

シロクナリーナビースマイル 選択

「シロクナリーナ」も「ビースマイルホワイトニングキット」も、ホワイトニングの仕組みは同じ、光触媒効果を使ったものです。

歯磨きの際に少しの手間でホワイトニングをしたい人には、「シロクナリーナ」が向いているのではないでしょうか。

⇒ シロクナリーナの公式ページ

一方、歯磨きとホワイトニングを切り離して、もっと本格的にLEDライトをホワイトニングをしたい人には、「ビースマイルホワイトニングキット」が向いていますね。

⇒ ビースマイルで白い歯へ【ホワイトニングスタートキット】

ホワイトニングには個人差などもあるので、実際に使ってみないとどちらが自分に向いているかわからないと思います。

私なら、すぐに解約できる「シロクナリーナ」から始めてみて、効果を実感できなければ「ビースマイルホワイトニングキット」を使ってみると思います。

「シロクナリーナ」と「ビースマイルホワイトニングキット」の比較のまとめ

接客業や営業、経営者など人と接する機会が多く、第一印象をよくしたい場合には、歯の黄ばみはデメリットしかありません。

歯が黄ばんでいたり、くすんでいるとどうしても印象が暗くなり、人との関係もマイナスイメージからのスタートになってしまいますね。

本格的に歯のホワイトニングをするためには、美容歯科などでオフィスホワイトニングする方がより早く、より白くできます。

ただ、私も感じるのですが、顔のイメージと歯の白さにあまりにもギャップがあって、芸能人などの歯の白さに違和感を感じる人も多いようです。

今回紹介している「シロクナリーナ」「ビースマイルホワイトニングキット」を使って、もともとの自然な歯の白さを取り戻し、清潔感をアップし少しでも印象アップを図りませんか。

歯磨きと一緒に少ない手間で歯を白くしたい人 ⇒ シロクナリーナの公式ページ

本格的にLEDライトを使って歯を白くしたい人 ⇒ ビースマイルで白い歯へ【ホワイトニングスタートキット】