歯科医院でも増えてきた光触媒ホワイトニングは従来と何が違うの?

知人は過去に歯科医院でホワイトニングした時に、歯がしみたり痛みがあり途中で治療を止めたそうです。

歯科医院などで行なわれているホワイトニングでこんな悩み相談がヤフー知恵袋い掲載されてました。

ホワイトニングをして3日経つのに下の歯の真ん中の2本が痛みます。何もしなくても顎までズキズキと痛く知覚過敏もひどくて夜も眠れません

同じような質問をいくつか見ました。

そんな歯科医院でのホワイトニングの痛みの原因とその対処方法、そして痛みが少ない方法を紹介します。

ホワイトニングで起こった歯の痛みとは?

ホワイトニング後に起こる症状は主に知覚過敏で以下のようなものがあります。

・歯磨きの時に毛先が当たりしみる
・冷たいものや熱いものを飲むとしみる
・甘いものや酸っぱいものでもしみる
・冷たい風が当たるだけでしみる

こんな症状がでれば、それは知覚過敏の可能性が高いです。

そして、その原因になる代表的なものを3つ挙げてみます。

① 薬剤によって歯が過敏に

歯科医院で行なわれるホワイトニングは高濃度な過酸化水素過酸化尿素が使われていることが多く、短期間で白くなる効果がある反面、知覚過敏が起こる確率が高くなります。

低濃度の薬剤の場合でも、長時間塗布した場合にも同じような症状が表れることがあります。

② 虫歯などの隙間に薬剤が侵入

シロクナリーナ悩み002 虫歯

過去に行なっている虫歯治療の際の詰め物や治療で出来た隙間に薬剤が浸入して、その部分に痛みが起こる可能性があります。

③ 歯の表面にできた傷

食事や歯磨きなどによって歯の表面には細かな傷が出来ていることがよくあります。

通常エナメル質に出来ている傷に痛みはありませんが、象牙質まで傷が深くなっている場合には、痛みが伴うことがあります。

自分で出来るトラブル対処方法!

ここでは、ホワイトニングで起こる知覚過敏の対処方法を紹介します。

ホワイトニング前後で自分が出来る方法が変わってきます。

まずは、ホワイトニング前に自分で出来る方法についてです。

① 虫歯治療を事前に行なう

虫歯の状態でホワイトニングを行なうと知覚過敏が起こりやすくなります。

虫歯菌は歯を溶かす性質を持っているので、ホワイトニング剤を塗布すると虫歯の表面から歯の奥にしみこんでしまいます。

まずは、虫歯を治療してからホワイトニングを行いましょう

② エナメル質の傷を治しておく

歯の表面のエナメル質は痛みを感じませんが、その内部にある象牙質は痛みを感じやすい部分です。

エナメル質にヒビが入っていると、ホワイトニング剤が染む込み象牙質に到達することで視覚過敏が起こりやすくなります。

次にホワイトニング後の知覚過敏を予防する方法についてです。

① 痛み止めを飲む

あまりに痛みがひどい場合には、痛み止めを飲むと楽になります。

もともと知覚過敏を起こしやすい人の場合には、ホワイトニングの前に飲んでおくのも1つの方法ですね。

② 歯磨き粉を見直す

市販の歯磨き粉には多くの場合研磨剤が配合されています。

研磨剤は歯に付いた汚れなどを取り除く場合には効果的ですが、痛んだ歯の表面をさらに傷つける可能性があります。

研磨剤を使っていない歯磨き粉やシュミテクトのように痛み信号を伝えないようにする硝酸カリウムが配合されている歯磨きに替えてみましょう。

③ 冷たい飲み物を飲まない

シロクナリーナ悩み002 冷たいもの

歯の周辺を通っている神経は、熱さや冷たさといった刺激に対して、すべて痛みとして認識してしまう傾向があります。

ホワイトニングを行なってすぐは、冷たすぎるもの、熱すぎるものは避けて、時間を置くようにしましょう。

光触媒ホワイトニングとは?

従来のホワイトニングは濃度の高いホワイトニング剤を使用するために知覚過敏などのトラブルが起こりやすいというリスクがありました。

そんなトラブルを避けるために、歯科医院でも最近採用されている方法が光触媒ホワイトニングです。

カウンセリングは受けますが、本人が行なうホワイトニングで、低価格・短時間を実現しています。

特徴は、歯にもカラダにも優しいホワイトニング剤を使用し、LEDライトを使い光触媒作用を利用して本来の歯の白さを取り戻すといった点にあります。

今までのホワイトニングとの違いは?

シロクナリーナ悩み002 比較

分かりやすいように、従来のホワイトニングと光触媒ホワイトニングの違いを下記に表にしました。

比較項目 従来のホワイトニング 光触媒ホワイトニング
ホワイトニング剤 過酸化水素・過酸化尿素 酸化チタン
光の種類 ハロゲンなど熱を発するもの LEDライトなので発熱しない
効果 度のホワイトニング剤なら1回で白くなる 歯磨きよりも効果的で汚れを浮かしてクリーニングする
カラダへの負担 過酸化水素はオキシドールなどにも使われており高い濃度の場合には、歯茎などに痛みを感じる 酸化チタンは安定した無機化合物でカラダに取り込んでも問題なし
痛み等(知覚過敏) 傷むケースが多い なし
歯への作用 歯の表面のエナメル質を溶かす高い濃漂白するようなもの 光触媒で汚れを浮かして除去する
費用 高い 安い
食事の制限 あり なし
人工歯への使用 使用できない 使用できる

痛みが伴わない自宅で出来るホワイトニング!

これまではあくまで歯科医院などで受けるホワイトニングについてお話してきました。

市販や通販などでも多くの種類のホワイトニンググッズが販売されています。

大きく分けると、歯磨き粉(ジェル)にホワイトニング成分を配合したタイプと、上記の光触媒作用を利用したLEDライトのマウスピースを使うタイプがあります。

その中でも、もっとも早くから販売され、光触媒作用でホワイトニングの実績を残しているのが「シロクナリーナ」です。

まさに、上記の光触媒ホワイトニングと同じ酸化チタンをメインにした薬剤を歯に塗布して、LEDライトを当てるシンプルな方法です。

コスパが良い点も人気の秘密ですね。

まとめ

いかがでしたか?

歯の黄ばみが気になって歯科医院などに行ってホワイトニングをしても、知覚過敏で苦しむようなことになると本末転倒ですね。

まずは、安全であるかということが重要だと思います。

歯科医院での光触媒ホワイトニングは、まだまだこれから広がっていく手法で、従来の方法でしかホワイトニングが行なえない歯科医院も多くあります。

そこで、先述のホワイトニンググッズ「シロクナリーナ」を試してみてはどうでしょうか。

通販商品なので、どこに住んでいても関係ありません。

試してみる価値はあるように思いました。

詳細 ⇒ シロクナリーナの口コミを検証!自宅で気軽に出来るホワイトニングとは?