パールホワイトプロEXプラスとキラビアンカのホワイトニング効果の比較と選び方!

スマホで取った自分の顔を見ていて、歯がくすんでいるような印象を受けたことってないですか?

もしかすると、歯の黄ばみが進んでいるのかも

人って、一度気になると何かにつけて意識がそこに向いてしまいますよね。

もちろん、話している相手の歯の色も気になってきます。

そのままほっておくと、人とのコミュニケーションに支障をきたすようになってくるかもしれません。

早めに何か手を打った方が良さそうですよ。

そこで、この記事では10年間シリーズで累計100万本を突破している商品と最近人気の商品を比較してみました。

歯の黄ばみに心当たりのある方必見ですよ。

この記事で初回するのは次の2つです。

パールホワイトキラビアンカ パールホワイトパールホワイトキラビアンカ キラビアンカ

10年間で100万本突破 「パールホワイトプロEXプラス」

最近人気のホワイトニングジェル 「キラビアンカ」

⇒ すぐに「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」の選ぶコツを知りたい人はココをクリック

「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」のメリット・デメリットとは?

パールホワイトキラビアンカ メリットデメリット

「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」のメリット・デメリットを比較してみました。

「パールホワイトプロEXプラス」のメリットとデメリットとは

「パールホワイトプロEXプラス」は、シリーズでこの10年で累計販売数100万本突破している人気商品です。

・「パールホワイトプロEXプラス」のメリット

1つ目の「パールホワイトプロEXプラス」のメリットは、歯を白くすることができることです。

歯のホワイトニングに効果的な成分を使い続けることで、黄ばんでしまった歯を元の白い歯に近づけてくれます。

歯磨きの後にパールホワイトプロEXプラスをスポイドで歯ブラシに垂らし、ブラッシングするだけです。

スポイドを使うので、分量を間違えずに済みますし、歯磨き粉タイプのように使いすぎて早くなくなってしまうこともありません。

2つ目の「パールホワイトプロEXプラスのメリット」は化粧品ではなく医薬部外品であることです。

医薬部外品は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度含まれている商品です。

化粧品と比較するとその効果・効能は優れています。

3つ目の「パールホワイトプロEXプラス」のメリットは、以下の3つのこだわりを持って開発された点です。

① 歯を削らない

市販の歯磨き粉には研磨剤が配合されているものが多くあります。

研磨剤を使うと確かに一時的には歯の黄ばみが取れるかもしれませんが、長い目でみると歯に傷をつけるため、着色汚れが付きやすくなりますし、なんと言っても歯を傷めてしまいます

② 発泡剤を使っていない

市販の歯磨き粉には発がん性が疑われる「ラウリル硫酸ナトリウム」が使われていることが多いです。(もちろん販売されているものなので誤解のないようにしてください)

発泡剤として使われることが多い成分ですが、歯磨きの際に泡立つとまるでしっかり磨けているように錯覚してしまうんですね。

そうすると歯磨きの時間が短くなって、結果的に磨きの残しが多くなってしまいます。

最初は泡立ちが良くないので頼りないかもしれませんが、安全な証拠なので安心してください。

③ 歯周病・口臭予防成分を配合

「パールホワイトプロEXプラス」にはホワイトニングだけでなく、歯周病や口臭予防に効果のある成分も入っています

・「パールホワイトプロEXプラス」のデメリット

1つ目の「パールホワイトプロEXプラス」のデメリットは、手間が増えて面倒な点です。

「パールホワイトプロEXプラス」を効果的に使うには、歯磨きした後にもう1回「パールホワイトプロEXプラス」を付けて、ブラッシングする必要があります。

時間にすると5分くらいですが、めんどくがりな人には向いていないかもしれませんね。

2つ目の「パールホワイトプロEXプラス」のデメリットは市販品と比較すると値段が高い点です。

市販の歯磨き粉は安いものであれば100円からでも販売されていますが、「パールホワイトプロEXプラス」は定期購入でも5,480円と比べてもかなり高くなります。

ただ、美容歯科などでは、保険が効かないため、さらに高額になることもあるので、コスパそのものを考えるとそこまで高くないと感じる人もけっこういます。

3つ目の「パールホワイトプロEXプラス」のデメリットは、公式サイトで定期購入がお得なのですが、3回の継続が必要なことです。

ただ、もともと1回しか使わないつもりで買うなら別ですが、通常は1ヶ月ではなかなか効果がわかりにくいので、継続して購入を考えている人にとっては、デメリットにはならないのではないかと思いますね。

また「パールホワイトプロEXプラス」は薬局では販売されてません。通販専用の商品で購入は公式サイトが安心・安全ですよ。

詳細 ⇒ パールホワイトプロEXプラスの公式ページ

「キラビアンカ」のメリットとデメリットとは?

続いて、「キラビアンカ」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

その特徴はブラッシングと併用することで、歯が白くなるだけでなく以下の効果効能が期待できるところにあります。

「口臭を防ぐ」
「虫歯を防ぐ」
「歯垢を除去する」
「口中を浄化する」
「歯石の沈着を防ぐ」
「歯のやにを取る」

・「キラビアンカ」のメリット

1つ目の「キラビアンカ」のメリットは、普段に使っている歯磨き粉を「キラビアンカ」に変えるだけでケアできる点です。

ホワイトニングは美容歯科などで行なってもある程度の期間継続する必要があります。

さらに、自宅で使う場合には、安全を配慮して強力な液剤を使っていないため、効果を実感するには長く継続することが不可欠です。

その点、「キラビアンカ」は、余計な手間がないので、継続しやすいですよ。

2つ目の「キラビアンカ」のメリットは、公式ページでキャンペーン中の定期コースを申し込めば、なんと初回100円税込とう格安価格(ほぼタダですね)でスタートできる点です。

ちょっとびっくりするような値段なのですが、注意すべきは「縛り」があり、2回目以降はかなり高額になります。

もちろん定期コースなので、100円で1回試してみるだけというのはNGなので気をつけましょう。

3つ目の「キラビアンカ」のメリットは、ホワイトニングだけでなく、上記の特徴にも上げたように虫歯予防・歯垢の除去・口臭予防の効果も期待出来ることです。

「キラビアンカ」は「パールホワイトプロEXプラス」と同様に、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が配合されている医薬部外品であることも大きなメリットですね。

・「キラビアンカ」のデメリット

1つ目の「キラビアンカ」のデメリットは、「パールホワイトプロEXプラス」と同様に継続して使うと、市販のホワイトニング用歯磨き粉よりも高くなります

ただ、「パールホワイトプロEXプラス」のデメリットでも述べましたが、美容歯科などのホワイトニングと比較すると安価で済みます。

2つ目の「キラビアンカ」のデメリットは、「パールホワイトプロEXプラス」と同様に、すぐに解約が出来ないことです。

初回を含む3ヶ月分(6個)の受取をしないと解約することができません。(もしくは違約金が発生します。)

「パールホワイトプロEXプラス」と同様に「キラビアンカ」も薬局では販売されてません。購入は公式サイトが安心・安全です。

詳細 ⇒ キラビアンカの公式ページ

全成分の比較徹底検証!その特徴とは?副作用は大丈夫?

次に2つの商品「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」の全成分について紹介します。

「パールホワイトプロEXプラス」の全成分

濃グリセリン、BG 、DL-リンゴ酸シャクヤクエキスビワ葉エキス、カモミラエキス-1、
ノバラエキスホップエキス、エタノール、無水エタノール、キサンタンガム、香料、
メントール、無水クエン酸、アラントイン、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)
メタリン酸ナトリウムポリリン酸ナトリウム

「キラビアンカ」の全成分

水(溶剤)、グリセリン(保湿剤)、BG(溶剤)、キシリトール(甘味料)、キサンタンガム(粘結剤)、ポリアクリル酸Na(粘結剤)、PEG-60水添ヒマシ油(可溶化剤)、ポリリン酸Na(ph調整剤)メタリン酸Na(ph調整剤)ピロリン酸4Na(ph調整剤)、エタノール(溶剤)、グリチルリチン酸2K(湿潤剤)ヒドロキシアパタイト(清掃剤)、デキストリン(甘味剤)、パパイン(清掃助剤)、トウキ根エキス(湿潤剤)、シャクヤク根エキス(湿潤剤)ローズマリー葉エキス(湿潤剤)、セージ葉エキス(湿潤剤)、スイカズラ葉エキス(湿潤剤)、メチルパラベン(防腐剤)、メントール(清涼剤)、香料(着香剤)

全成分の中でも上記の赤字がホワイトニングをケアする成分で、青字は虫歯予防や口臭予防成分です。

また、口の中を整えるための植物エキスは緑色で表記しました。

ホワイトニング成分は、「パールホワイトプロEXプラス」は3種類、「キラビアンカ」は6種類

虫歯予防と口臭予防成分は、「パールホワイトプロEXプラス」は、2種類、「キラビアンカ」は3種類

口の中を整えるための植物エキスは、「パールホワイトプロEXプラス」は4種類、「キラビアンカ」は4種類

「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」を比較すると、「キラビアンカ」に配合されている成分の方が種類が多いことがわかりました。

副作用については?

パールホワイトキラビアンカ 副作用

「パールホワイトプロEXプラス」も「キラビアンカ」も体に悪い成分は使われていないので、副作用を起こす心配はありません。

ただし、「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」ともに、植物エキスが配合されているため、アレルギー体質の方は購入前に原材料をかかりつけの医師か薬剤師に確認ておきましょう。

年齢や性別などのターゲットの違いを比較してみた?

ここでは、それぞれの商品のターゲット層の違いなどについても検証してみました。

「パールホワイトプロEXプラス」、「キラビアンカ」ともに、ターゲットは20代~50代の女性です。

男性と女性ともに使える?

パールホワイトキラビアンカ 男女

「パールホワイトプロEXプラス」はモデルや女性タレントが愛用しており、インスタグラムでもその多くは女性です。

一方「キラビアンカ」は女性だけでなく、男性の利用者も多くいます。

もちろん、男性・女性のどちらが使っても、その効果効能に変わりありませんよ。

妊娠中、授乳期でも使っても大丈夫?

パールホワイトキラビアンカ 妊婦

「パールホワイトプロEXプラス」も「キラビアンカ」とも体に悪影響のある成分は入っていないので問題はありません。

ただし、デリケートな時期なので、もし異常を感じたら、使用を止めて、かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

ホワイトニングにかかる期間は?

パールホワイトキラビアンカ 期間

「パールホワイトプロEXプラス」は、以下のように使用開始から2週間程度で多くの人がその効果を実感しています。

数回 2日以内 3~5日以内 2週間以内 その他
55% 18% 15% 10% 2%

2015年8月※効果に個人差があります。

一方「キラビアンカ」は早い人は1ヶ月目くらいからで、多くの人が3ヶ月くらいで効果を実感できる人が多いようです。

やや、「パールホワイトプロEXプラス」の方が、効果を早く実感できるようです。

ただ、使うのを止めると、毎日の食事などでまた黄ばんでくるので、半年~1年と長く続けることで歯の白さをキープすることができます

価格や返金保証などの違いをチェック!

パールホワイトキラビアンカ 価格

商品の価格や返金保証の有無などを比較してみました。

まずは価格から見てみましょう。

「パールホワイトプロEXプラス」「キラビアンカ」ともに、購入する場合には公式ページからが一番お得ですね。

商 品 名 初回価格 2回目以降の価格
「パールホワイトプロEXプラス」
内容量30ml/1本
2,138円税込・送料別
(通常価格の約75%OFF)
5,918税込・送料別
(通常価格の約30%OFF)
「キラビアンカ」
内容量30g/1本
100円税込・送料無料
(通常価格の7,344円)
4,172円税込・送料込
(15日間の価格

「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」を比較すると、「キラビアンカ」の初回がほぼタダと同じですから、コスパに関しては大きくリードしますね。

ただ、「キラビアンカ」は、2週間に1回の間隔で商品が発送されてきますので要注意です。

2回目以降は上記料金の倍になりますので、2ヶ月目と3ヶ月目は4,172円税込・送料込み×2本=8,344円税込・送料込となり大幅に高くなってしまいます。

ただ、ほかのホワイトニングジェルの内容量は30gで1カ月使えるものも多いので、6回目(3ヶ月分)が届い後は、お届けのタイミングを1ヶ月に1回にすれば費用を抑えることが出来ますね。

以下に、6ヶ月使用した際にかかる費用を表にしましたので、参考にして下さい。

期 間 「パールホワイトプロEXプラス」 「キラビアンカ」
初回価格 2,138円税込・送料別 100円税込・送料無料
3ヶ月の合計 13,974円税込・送料別 18,460円税込・送料無料
6ヶ月の合計 31,728円税込・送料別 25,804円税込・送料無料

※1:パールホワイトプロEXプラスは28日に1回頻度で届きます。
※2:キラビアンカは7回目(4ヶ月目)からは月に1回で計算しました。

非常に微妙ですね。「キラビアンカ」を1ヶ月に1回にして効果を維持できれば、6ヶ月後からは「キラビアンカ」の方がお得です。
森下 瑛士
森下 瑛士

定期コースの「縛り」はどう?

「パールホワイトプロEXプラス」は、最低3回以上の継続が必要です。

一方「キラビアンカ」は、最低3ヶ月(6回分)の受取が必要になっています。

多くのホワイトニングジェルなどの商品は、1ヶ月に1回のお届けであることが多いのですが、少なくとも「縛り」の期間の受取が終わるまでは、「キラビアンカ」は半月に1回に届くので頭に入れておきましょう。

3ヶ月で見ると「キラビアンカ」の方が高くなっていますが、6ヶ月になると逆に「キラビアンカ」のコスパは良くなりますね。

返金保証はついているの?

「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」ともに返金保証は付いていません

「パールホワイトプロEXプラス」の定期プランには、返金保証はついていませんが、単品での購入の場合、45日間の返金保証が付いています。

そのため、定期プランに抵抗がある方は「パールホワイトプロEXプラス」の単品で購入してから、その効果をみて定期プランに申込むといった方法もありますよ。

選ぶ時のコツは?

ホワイトニングの効果に関して成分の種類を考えると「キラビアンカ」の方が多く配合されています。

いずれも医薬部外品なので、効能・効果に有効な成分が配合されているので、やはり「キラビアンカ」に軍配があがりますね。

ただ、口コミなどで効果を実感する期間が早いのは、「パールホワイトプロEXプラス」なので、早く効果を得たい人には「パールホワイトプロEXプラス」が向いています。

私が選ぶなら、やや効果を実感するまでには時間がかかりますが、成分の種類が多いことと、長期間(半年以上)使うならコスパの良い「キラビアンカ」を使います。
森下 瑛士
森下 瑛士

「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」のホワイトニングの比較のまとめ

いかがでしたか?

この記事では「パールホワイトプロEXプラス」と「キラビアンカ」を比較してみました。

歯の黄ばみは食生活だけでなく、加齢とともに悪化していきます。

また、どうしても目につくので、人と会うことが多い人は、なるべく早めにケアをすることをおススメします。

酷くなってしまってからケアをしたのでは、多くの時間と費用がかかることになるからです。

そして、歯の白さをキープして、どこにいても、誰に対しても自信をもって話せる自分になれれば嬉しいですね

少しでも早く効果を実感したい人が選ぶなら「パールホワイトプロEXプラス」がベストです。
詳しくはお得な公式サイト ⇒ パールホワイトプロEXプラスの公式ページ

ホワイトニング力も高くオーラルケアも同時に求める人は「キラビアンカ」がおススメです。
詳しくはお得な公式サイト ⇒ キラビアンカの公式ページ