パールクチュールとブレスマイルクリアのホワイトニング効果の比較と選び方!

誰しも輝いて見える白い歯を手に入れたいものだと思います。

本来なら美容歯科などでホワイトニングするのが一番効果があることは分かっていても、費用の問題や通院できる時間を確保できなかったりで、あと一歩が踏み出せないでいるのではないでしょうか。

まずは、美容歯科よりもハードルの低いホワイトニング用ジェルを使う方法から始めるといいかもしれません。

そこで、以下の2種類のホワイトニング用ジェルをさまざまな視点から比較してみましたので、気になる方は参考にどうぞ。

パールクチュールブレスマイルクリア パールクチュールパールクチュールブレスマイルクリア ブレスマイルクリア

「パールクチュール」

「ブレスマイルクリア」

⇒ すぐに「パールクチュール」と「ブレスマイルクリア」の選び方を確認したい人はココをクリック

「パールクチュール」と「ブレスマイルクリア」のメリットとデメリットとは?

パールクチュールブレスマイルクリア メリットデメリット

それぞれの特徴もわかりやすいので、「パールクチュール」と「ブレスマイルクリア」のメリットとデメリットを比較してみます。

「パールクチュール」のメリットとデメリットとは?

「パールクチュール」は医薬部外品にリニューアルし、ホワイトニング成分も3種追加。

パーツクチュールは2018年3月31日付けで、楽天ランキングの3冠を達成しています。

〇 ダイエット・健康部門 第1位
〇 歯磨き部門 第1位
〇 デンタルケア 第1位

それでは、具体的に「パールクチュール」のメリット・デメリットを見ていきましょう。

・「パールクチュール」のメリット

1つ目の「パールクチュール」のメリットは、普段使っている歯磨き粉を「パールクチュール」に変えるだけでケアできる点です。

歯磨き後にもう一度ケアするのは面倒ですから、その当たりも人気なところですね。

しかも、「パールクチュール」の容器はエアレス容器といって外の空気に触れないので、非常に衛生的でしかもお洒落な容器です。

パールクチュールはまるで化粧品みたいと女性にも大人気! 
森下 瑛士
森下 瑛士

2つ目の「パールクチュール」のメリットは、ホワイトニングだけでなく、歯石の沈着、虫歯・口臭予防とオーラルケアとして最適な点です。

歯の黄ばみを除去し再付着させないために、「パールクチュール」には、世界初の国産サンゴから作られたコーラルアパタイトをはじめ、トリポリリン酸ナトリウムパールが配合されています。

さらに、虫歯予防としてキシリトール、口臭予防にメントールが「パールクチュール」に配合されている点も評価が高いですよ。

3つ目の「パールクチュール」のメリットは、研磨剤不使用で合成甘味料も着色料も使用していない点です。

研磨剤が多く含まれていると、一見歯の汚れは取れているように見えますが、歯の表面に細かい傷ができて、その間に着色されて黄ばみが酷くなる可能性もあります。

もちろん、歯に傷を付けているので知覚過敏など歯にとって後々トラブルになる可能性もあります。

・「パールクチュール」のデメリット

1つ目の「パールクチュール」のデメリットは、市販品と比較すると高額な原材料を使っているため値段が高い点です。

もちろん、「パールクチュール」には、歯を白くするためだけでなく、虫歯予防や口臭予防の成分を使っているので高くなっています。

ただ、歯のホワイトニングと口臭予防を虫歯・口臭予防を別々の商品を購入することを考えると「パールクチュール」1つで複数の効果が得られるメリットは大きいです。

2つ目の「パールクチュール」のデメリットは、定期便を申込した場合には、すぐに解約が出来ない点です。

「パールクチュール」はすぐに解約が出来ず、初回を含めた3ヶ月の継続が必要です

よくあるトラブルですが、定期購入の場合、とくに初回価格が大きく割引になっているからと、「縛り」の有無を確認しておらず、解約できないというトラブルも発生しています。

しっかりと確認しておきましょう。

「パールクチュール」は薬局では販売されてません。通販専用の商品で購入は公式サイトが安心・安全ですよ。

詳細 ⇒ パールクチュールの口コミに嘘はない?オーラルケアに効果はあるの?

「ブレスマイルクリア」のメリットとデメリットとは

ブレスマイルはホワイトニングで見た目年齢マイナス5歳をキャッチフレーズに販売されている商品で、「パールクチュール」同じく医薬部外品です。

2019年2月~3月にネオマーケティング調べ111名を対象に行なわれた「ブレスマイルクリア」のアンケート結果では、ホワイトニングケアで95.5%、口臭ケアで98.2%の使用感満足度を獲得した人気商品です。

・「ブレスマイルクリア」のメリット

1つ目の「ブレスマイルクリア」のメリットは、「パールクチュール」と同じで、今使っている歯磨き粉を「ブレスマイルクリア」に替えるだけと手軽にホワイトニングに取り組める点です。

美容歯科などで行なわれるオフィスホワイトニングと比較すると、自宅で行なうホワイトニングではその効果を実感するまでに時間がかかります。

長く継続するためには、出来る限りホワイトニングを行なうことがストレスにならないことが重要なポイントなので「ブレスマイルクリア」のように置き換えるだけで使えるのはメリットになります。

2つ目の「ブレスマイルクリア」のメリットは、以下に掲載したように多くの効果効能を持つ医薬部外品である点です。

以下に「ブレスマイルクリア」の効果と成分をわかりやすく表にしました。参考にどうぞ。

効 果 成 分 名
歯を白くする メタリン酸ナトリウム、パール、シルク末、ポリアスパラギン酸ナトリウム液、ローズマリーエキス、海藻エキス、ホエイ
歯周炎(歯槽膿漏)の予防 グリチルリチン酸ジカリウム
歯肉炎の予防 塩化セチルピリジビウム
歯石の沈着を防ぐ ゼオライト、ウーロン茶エキス
虫歯の発生及び進行の予防 フッ化ナトリウム、塩化セチルピリジニウム
口臭の防止 グリチルリチン酸ジカリウム、塩化セチルピリジニウム、ゼオライト
タバコのヤニ除去 ポリエチレングリコール400
口中を浄化 ヒアルロン酸ナトリウム、オリーブ油
口中を爽快にする メントール

「ブレスマイルクリア」には、ホワイトニングができるだけでなく、虫歯や歯周病、口臭予防など多くのオーラルケアのための成分が配合されています。

3つ目の「ブレスマイルクリア」のメリットは、安心・安全に使ってもらえるように徹底している点です。

「ブレスマイルクリア」には、カラダに良くない成分(石油系界面活性剤、鉱物油、シリコーン、漂白剤、パラベン、紫外線吸収剤)は使用されていません。

製造工程に関しても、ISO認定の国内工場で製造されており、ISO9001基準の品質管理体制で「ブレスマイルクリア」は作られています。

※ ISOはInternational Organization for Standardization(国際標準化機構)の略で、国際的に通用する規格を制定している機関で国際的な基準となっています。

・「ブレスマイルクリア」のデメリット

1つ目の「ブレスマイルクリア」のデメリットは、「パールクチュール」と同じように市販の歯磨き粉と比べるとやはり値段は高くなる点です。

2つ目の「ブレスマイルクリア」のデメリットは、公式サイトで定期購入がお得なのですが、3回以上の継続が必要なことです。

「パールクチュール」と条件は同じですね。

「ブレスマイルクリア」も薬局では販売されてません。通販専用の商品で購入は公式サイトが安心・安全ですよ。

詳細 ⇒ ブレスマイルクリアの効果に嘘はない?口コミ・成分・コスパ等評価!

全成分の比較徹底検証!その特徴とは?副作用は大丈夫?

次に2つの商品「パールクチュール」と「ブレスマイルクリア」の全成分について紹介します。

「パールクチュール」の全成分

精製水、【湿潤剤】:ソルビット液・濃グリセリン、【薬用成分】:ポリエチレングリコール400、【清掃剤】:無水ケイ酸・ヒドロキシアパタイト、【粘度調節剤】:カルボキシメチルセルロースナトリウム、【薬用成分】:β-グリチルレチン酸イソプロピルメチルフェノール、【発泡剤】:ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、【清掃助剤】:ポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウム無水ピロリン酸ナトリウム、【洗浄剤】:N-ラウロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、【甘味料】:キシリット、【着色剤】:酸化チタン、【安定剤】:クエン酸ナトリウム、【湿潤剤】:スイカズラエキス、【香味剤】:l-メントール、【着香剤】:香料、【溶剤】エタノール・無水エタノール【防腐剤】:フェノキシエタノール

「ブレスマイルクリア」の全成分

【湿潤剤】ソルビット液、濃グリセリン、チャエキス(1)、1,3-ブチレングリコール、ローズマリーエキスノバラエキスクマザサエキスホエイ(2)、水素添加大豆リン脂質、ウーロン茶エキスホップエキスドクダミエキストウキエキス(1)ワレモコウエキスシャクヤクエキスポリアスパラギン酸ナトリウム液海藻エキス(4)オリブ油ヒアルロン酸ナトリウム(2)シルク末、DL-リンゴ酸、パール末【基剤】精製水、無水ケイ素、エタノール、ヒドロキシアパタイト【発泡剤】2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、【薬用成分】ポリエチレングリコール400ゼオライトフッ化ナトリウムグリチルリチン酸ジカリウム塩化セチルピリジニウム【可溶剤】ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油【粘度調整剤】キサンタンガム【着色料】酸化チタン、グンジョウ、シアノコバラミン【着香剤】香料【清涼剤】l-メントール【甘味料】キシリット、ステビアエキス、【防腐剤】安息香酸ナトリウム【金属封鎖剤】メタリン酸ナトリウム【溶剤】無水エタノール【抗酸化剤】アスコルビン酸、天然ビタミンE、【PH調整剤】無水クエン酸、クエン酸ナトリウム

全成分の中でも上記の赤色の表記が「パールクチュール」「ブレスマイルクリア」のホワイトニングをケアする成分です。

青色の表記は、「パールクチュール」「ブレスマイルクリア」の虫歯予防や口臭予防成分です。

そして、緑色の表記は「パールクチュール」「ブレスマイルクリア」の植物成分です

「パールクチュール」は、ホワイトニング用として7種類、虫歯や歯周病予防、口臭予防用として4種類、植物成分は配合されていません

一方「ブレスマイルクリア」はホワイトニング用として10種類、虫歯や歯周病予防、口臭予防として5種類、植物成分として7種類が配合されています。

配合量まで非公表ですが、ホワイトニング・歯周病、虫歯予防・口臭予防の成分数を見ると「ブレスマイルクリア」の方が種類が多いということがわかりました。

副作用の心配はないの?

パールクチュールブレスマイルクリア 副作用

「パールクチュール」については、合成甘味料、着色料を一切使っていません

一方「ブレスマイルクリア」も石油系界面活性剤、鉱物油、シリコーン、漂白剤、パラベン、紫外線吸収剤は不使用です。

製造もISO認定の国内工場でISO9001基準の品質管理体制で商品を製造しており、確かな品質を届けるために徹底してます。

カラダに危険な成分は配合されていませんが、特に「ブレスマイルクリア」には植物成分が配合されています。

アレルギー体質の人は原材料をチェックしてから購入するようにしてくださいね。

年齢や性別などのターゲットの違いは?

ここでは、それぞれの商品のターゲット層の違いなどについても検証してみました。

「パールクチュール」は空気に触れないエアレス容器を採用しているので、非常に衛生的です。

それだけでなく、その容器も化粧品を思わせるような外観をしており、女性の若い層にも大変人気があります

一方「ブレスマイルクリア」の方は、比較的若い女性層だけでなく50代の方もターゲットにしていますね。

男性と女性とも使えるの?

パールクチュールブレスマイルクリア 男女

「パールクチュール」「ブレスマイルクリア」ともに、メインのターゲットは女性ですが、男性の方が使っても全く問題はありません。

特に「パールクチュール」は若い女性に人気です。

妊娠中、授乳期でも飲んで大丈夫?

パールクチュールブレスマイルクリア 授乳

基本的にはカラダに害を及ぼす成分は「パールクチュール」「ブレスマイルクリア」ともに配合されていませんので、問題はありません。(公式ページにも記載があります)

もちろんデリケートな時期ですので、不安があるようでしたら、かかりつけの医師か薬剤師に確認することをおススメします。

ホワイトニングにかかる期間は?

「パールクチュール」は、早い人は使い始めて1ヶ月目くらいから実感できる人もいます。

多くの人が3ヶ月くらいで効果を実感できる人が多いようです。

「ブレスマイルクリア」も、最低でも1ヶ月は継続する必要があります。

3~4ヶ月くらいで歯の色の変化を実感できたという口コミが増えています。

ただ、いずれにしても歯の着色は、日々の飲食などで着色されてくるので、半年~1年と長く続けていくことをおススメします。

価格や返金保証などの違いをチェック!

パールクチュールブレスマイルクリア 価格

商品の価格や返金保証の有無などを比較してみました。

まずは価格から見てみましょう。

「パールクチュール」「ブレスマイルクリア」ともに購入する場合には公式ページからが一番お得ですね。

公式ページの料金がわかりやすいように表にしてみました。

商 品 名 初回価格 2回目以降の価格
「パールクチュール」
内容量30g/1本
3,980円税別・送料無料
(通常価格の約60%OFF)
4,980円税別・送料無料
(通常価格の約50%OFF)
「ブレスマイルクリア」
内容量60g/1本
1,185円税別・送料無料
(通常価格の約73%OFF)
2,759円税別・送料無料
(通常価格の約38%OFF)

この結果を見ると、初回、2回目以降ともに「ブレスマイルクリア」がお得ですね。

「ブレスマイルクリア」は、4回目以降割引率が変わりますので、続けるほどお得になってきます。

長く使えば使うほど、「ブレスマイルクリア」の方がコスパがいいです。

定期コースに「縛り」はあるの?

「パールクチュール」は、初回を含めて最低3回の継続(「縛り」)があります。

総額は3回受取の場合で、総額13,940円税別

一方「ブレスマイルクリア」の場合も、「縛り」があります。

最低3回以上の継続が必要で、総額は3回受取の場合で、総額6,703税別となります。

返金保証は使えるの?

次に返金保証についてです。

「パールクチュール」には返金保証の制度はありません。

一方「ブレスマイルクリア」は、初回購入の場合、定期便で商品発送から90日以内であれば全額返金保証が付いています

選ぶ時のコツは?

パールクチュールブレスマイルクリア 選び方

販売実績を見ると「パールクチュール」がおススメですね。

ただ、購入の条件に関しては、コスパ、返金保証など「ブレスマイルクリア」の方が、良い条件です。

販売実績を取るのか、コスパを取るのかが基準になりますね。

もし私が女性にすすめるのであれば、見た目のお洒落さと衛生面が優れている「パールクチュール」を選びます
森下 瑛士
森下 瑛士

「パールクチュール」と「ブレスマイルクリア」のまとめ

いかがでしたか?

「パールクチュール」「ブレスマイルクリア」ともに、ホワイトニングジェルを使うタイプですが、紹介してきた通り、それぞれに違いはあります。

「ブレスマイルクリア」は「パールクチュール」だけでなく、そのほかのホワイトニングジェルの商品と比較しても、コスパはかなりいいです。

成分に関してみると、「パールクチュール」よりも「ブレスマイルクリア」の方が、有効成分だけでなくオーラルケアのための成分が多く使われています。

また、これまでの実績と知名度で選ぶならパールクチュールですね。

あなたならどちらを選びますか?

見た目も化粧品のようで女性からの人気が高い商品を購入したい人は「パールクチュール」がおススメです。

詳しくはお得な公式サイト ⇒ パールクチュール公式ページ

気になる成分が入っているが成分の種類が多くコスパのよい医薬部外品を使いたい人は「ブレスマイルクリア」がおススメです。

詳しくはお得な公式サイト ⇒  ブレスマイルクリアの公式ページはコチラ