LEDライトのホワイトニングで白い歯を取り戻す!若々しい人になれる?

LEDライトのホワイトニングで白い歯を取り戻す!あなたも若々しい人になれる?

アラフィフの知人が歯の黄ばみで悩んでいました。

ある理由から審美歯科でのホワイトニングに踏み込めないでいました。

そして、女性ならともかく、男性でしかも50代近くになっているので少しぐらい黄ばんできても、仕方ないかなと諦めかけていました。

でも諦めきれず、もっと簡単にできるものがないかといろいろと探していたところ、あるホワイトニング商品を見つけ、使い始めたところ効果が表れはじめたそうです。

そして、奥さんからも若々しく見えると言われて喜んでいましたよ。

中年男性のホワイトニングやそのメリット・デメリット、そして、自宅でできるLEDライトを使ったホワイトニングについて紹介してみたいと思います。

中年男性のホワイトニングってどうなの?

私もホワイトニングが気になっていたので、もう少し詳しくホワイトニングについて調べてみると、審美歯科で行なわれるホワイトニングにはいくつかの種類があるようです。

審美歯科で使われるどのホワイトニング方法も、家庭などでは使うことができないホワイトニング液剤を使います。

審美歯科でホワイトニングを行なう場合には、ホワイトニング薬剤を使い、さらに効果を高めるためにLEDライトを使うところが多いことが分かりました。

そんな話を同僚にしたんですが、やはりあまり反応がありません。

それで「なんでやねん!」とその理由を聞いてると以下のような理由があったんです。

まず、そもそも歯医者には、彼は相当歯の痛みが痛みが出てからしか行かないし、気になってネットでホワイトニングできる歯医者を見てみたものの、女性の利用者が多くて、「ちょっと恥ずかしいやん」と抵抗感があるみたいですね。

その点は私も同じように思ったので男性(特に50歳前後にもなると)には歯医者に通院するのは、敷居が高いなとも感じましたね。また、このことは50代という年齢的なものが多いと思うのですが、

「いい年して歯の白さを気にしてそんなことにお金を使ってんの?」

といった視線で見られるのも嫌なようですね。

さらに、実際に審美歯科に通うとホワイトイングは健康保険が適用されず、クリニックによって値段は変わりますが、多くの費用がかかります。

1回ホワイトニングしたからといって、永久的に白いままにはならず、3ヶ月~6ヶ月に1回はホワイトニングを繰り返す必要があるんですね。

ホワイトニングをする男性のデメリットとメリット!

ここでは男性がホワイトニングをするデメリットとメリットを具体的に取り上げてみました。
特にアラフィフの男性の場合の歯をホワイトニングするメリットとデメリットを検証してみたいと思います。

・デメリット

なんと言っても費用時間がかかることです。50歳近くになるとサラリーマンの多くは責任ある立場になっていることが多く、通院の時間があまり取れません。

また、そこそこの給料はもらっていると思いますが、子供がいる場合にはまだまだお金がかかるので、奥さんからは「ほかにもっと金をかけるところがあるでしょ!」と言われそうですね。

また、せっかく歯を白くしても色戻りしますので、その色をキープするためには定期的にホワイトニングする必要があります。

審美歯科に通院して、ホワイトニングしていることが周りの人にバレることもデメリットとして挙げられますね。

綺麗な歯になることは良いことと思っていても、実際に歯が芸能人みたいに白くなることに抵抗を感じる人はヤフー知恵袋などでも挙げられており多いようですね。

・メリット

白い歯になることで、素敵な笑顔になり、仕事もプライベートも前向きに過ごすことが出来ます。

ある白い歯についての調査では、歯が白い人は雇用率が10%上がると言われています。

人は自分ではそれほど意識しなくても、初対面の人に対して第一印象を抱きますよね。実はこの第一印象はその後の相手との人間関係に大きく影響を受けます。

また、最初に感じた第一印象はよほど悪いことがない限りは、ほとんど変わることがないと言われています。

しかも第一印象は会って15秒で決まり、しかも見た目が87%近い確率で、その人の印象を判断することが分かっているんです。その第一印象は歯の白さに大きく左右されるそうです。

このように見るとなんとかデメリットをつぶして、メリットを活かしたいですよね。

通院せずに歯のホワイトニングをする方法とは?

先程は男性がホワイトニングをするメリットとデメリットを紹介してみましたがいかがですか?

白い歯は現在の仕事やプライベートに有利であると同時に、白さを維持することができれば、将来定年後に再就職するときなどにも有利に働くように私は感じました。

歯が黄ばんでいると第一印象が悪くなり、実際の年齢よりも3~5歳老けて見えるといったアンケート結果も出ています。

他にも、「歯の手入れが出来ていない=基本的な生活習慣が出来ていない」と見られ、かなり損をしてしまいますよね。

本当は仕事が出来ても、そういった印象だけでその人のイメージが決まってしまうなんて、残念でもったいないと思うのは、わたしだけではないと思います。

プライベートでいうと独身男性も関心を持つべき課題の一つではないでしょうか?

そこで、まず白い歯を維持するためにはしっかりとした歯磨きをすることが大前提ですね。

また、歯磨きをすることで、虫歯予防や歯周病の予防にもつながりますから、ホワイトニングをすることは、さらに大きなメリットがあるといっても過言ではありません。

特に歯周病は30代の約8割がかかっていて、その後年齢を重ねるごとに知らず知らずのうちに症状が悪化し、自分の歯を失っててしまうという恐ろしい病気です。

やっかいなことに初期の歯周病には自覚症状があまりなくて、自分でチェックするのも難しいため、その進行を止めるのは難しいと言われる病気の一つです。

少し話は変わりますが、最近は女性だけでなく若い男性をはじめとして、男性全般に美容についての関心が高まってきていますね。

白い歯をキープすることもその一つで、薬局などにいくと歯磨き粉の中にホワイトニング用の歯磨きを見かけることが多くなってきました。

そのような市販品を使えば、審美歯科などのクリニックに行く必要もありませんし値段も手頃ですね。

ただ、数年前に私も市販のホワイトニング用歯磨き粉を使ったことがあるのですが、その時はあまり効果を感じることができませんでした。

いろいろ調べてみると、歯のホワイトニング用の成分などを原料として使うと、歯磨き粉の単価がかなり高くなってしまうそうです。

日頃テレビのコマーシャルで見かけるホワイトニング用歯磨きですが、有名なタレントを使ったりしていますので、広告費が高くなってしまうため、どうしてもホワイトニング用の成分を多く使うことができないようなんですね。

歯を本来自分が持っている白さにまで回復させて、そのままの状態を維持するためには、少し高くはなっても歯のホワイトニングのための成分が多く含まれている歯磨き粉を使う必要がありますね。

50代の男性が審美歯科クリニックに通わずにホワイトニングするために必要なことは、まずは自宅で気軽にケアが出来ること。

そして、ホワイトニングするための成分が多く含まれている商品を使うことですね。

さらにいうと、審美歯科クリニックで行なわれているようなLEDライトを使ったホワイトニングができるとベストではないでしょうか。

いつもの歯磨き粉に替えるだけ!LEDライトもついている

そんな時に見つけたのが知人も使っているホワイトニングキットです。

先ほどの条件にばっちり当てはまっているんです。シロクナリーナには、酸化チタンが使われています。一方、通常審美歯科で使われているホワイトニング溶剤は過酸化水素が使われています。

ちょっと専門的な話になるんですが、過酸化水素は水と酸素を分解する過程で、不安定なフリージカルを発生させます。

フリージカルは過剰に増えてしまうと人体に有害な作用をもたらすことが分かっていますが、資格をもった医師ならホワイトニング用の溶液として使用するで歯を白くすることができます。

その仕組みは、過酸化水素が歯の表層のエナメル質内の着色の原因となっている成分と反応・分解し、色素を落とすことで歯の透明感を取り戻すといった感じです

実はこの商品に使われている酸化チタンは光触媒反応を発生させて汚れを分解することで、歯を白くする効果が期待できます。

もちろん、自宅で行なうわけですから、過酸化水素ほどの強力なホワイトニングには及びませんが、価格も手頃で安全性も高いと今話題になっていますよ。

もちろん、何度も言っているように、歯磨きをしっかり時間をかけて行なうようにしてくださいね。

そして、日常生活においても、着色しやすい食べ物や飲み物を摂った後は、できれば歯磨きが理想です。

ただ、外出先なので歯を磨けないこともあるかもしれませんが、せめて口をゆすぐといった習慣は付けるようにしましょうね。

白い歯で仕事もプライベートも充実!

そのホワイトニング商品とは、LEDライトもセットで販売しているシロクナリーナです。

自宅で出来るので歯医者へ行く時間と費用を抑えて、おじさん特有の恥ずかしい思いもしなくていいんです。

LEDライトを照射する時間も、歯を磨く前に歯磨き粉を歯ブラシにつけて、LEDライトを30~60秒照射。あとはいつも通りにブラッシングして、お口をゆすいだ後、歯に直接LEDライトを30~60秒照射するだけ。

いつものが磨きの時間が60~120秒長くなるだけですから、面倒臭がりやでも間違いなく続けることができるのではないでしょうか?

今のまま黄ばんだままの歯でいることに何も良いことはありませんね。

歯を出して笑うことに抵抗も感じるでしょうし、至近距離で話する時も、どうしても不自然に口を隠しながら話すことになりかねませんね。

しっかりと継続して歯の白さをキープすることが出来れば、思いがけない大きな奇跡が起こるかも知れませんね。

もちろん費用が0円ではありませんが、美容歯科へ通院する費用と比べるとはるかに安く済みます。

奥様も白い歯になるなら喜んでシロクナリーナを買ってくれるのではないでしょうか。

白い歯を手に入れれば ↓↓↓↓

・白い歯でさわやかさが功を奏して実績を積み上げることが出来て出世をする
・再就職の際にも清潔感があふれ出て面接官に好印象で希望している会社に就職できる
・人間関係も良くなり充実した日々を送ることが出来る(彼女ができたり・・)
・実際の年齢よりも若く見られ家族からの評判も上々

まとめ

最近の20~30代なら治療ではなくて美容目的でクリニックに行くことに抵抗はないかもしれませんが、50代近くなるとそうはいきませんね。

ホワイトニング力は、審美歯科で行なうホワイトニングには及ばないと思いますが、歯の白くなる成分がしっかり配合され、さらにクリニックで使われているLEDライトを使ったシロクナリーナなら手軽に取り組めそうですね。

口コミでも人気ですよ。

詳細 ⇒ シロクナリーナの口コミを検証!自宅で気軽に出来るホワイトニングとは?