カオリッチはどれくらいの期間使えば効果が出るの?

カオリッチはどれくらいの期間使い続けると臭わなくなるの?

先日タクシーに乗った時に、運転手の口臭がひどくて困りました。

おそらく運転手はそのことに気が付いていないのでしょうね。

確かに、自分の口臭って意外とわかりにくいものです。

そんな時にネットを見て知ったカオリッチは、炭の力で臭いをブロックするのが特徴です。

カオリッチ 商品

口臭の原因は、口の中だけでなく体内からも発生しています。

カオリッチは主に、体内からの口臭の発生を根本から改善するために開発されたサプリメントです。

カオリッチをある程度の期間使い続けることでキツイ口臭をなくすことが期待できるんです。

詳細がすぐに見たい人は ⇒ カオリッチの公式ページ

カオリッチはどうして口臭に効果があるの?

ところで、カオリッチを使うとなぜ口臭に効果があるか気になるところですね。

カオリッチは加齢によって起きている体内の悪臭の根本にアタックするタイプの口臭予防サプリメントですが、何が原因で口臭が発生しているのかを知っておきたいですよね。

その原因は大きく二つあると考えられています。

一つは、活性酸素が増加して酸化が起こるためです。

人は酸素を体の中に取り入れて栄養素と結びつけてエネルギーを生み出しています。

ただ、この活性酸素は体の中で余ってくると、体の機能に悪い影響を与えるようになってきます。

人には必要な活性酸素ですが、年齢とともに活性酸素の発生量は増加して「酸化」が進んでしまうんですね。

わかりやすく言うと、りんごの皮をむいて、しばらくほっておくと茶色に酸化しますね。

それと同じ現象が人の体にも起こっており、それが老化現象となって表れてくるんです。

老化が進むと抗酸化力が衰えるために、口臭の元となる臭いを生み出す細菌が体の中で増加し悪臭となって体の外に吐き出されます。

カオリッチはそうして溜まった悪臭の元をある程度の期間をかけて抑制していきます。

もうひとつの原因は、現代病ですね。

カオリッチ ストレス

仕事や家事などのイライラストレス暴飲暴食が胃腸の働きを弱めてしまい本来の消化機能が損なわれ、長い期間をかけて体の中に悪臭が溜まり、血液を通して肺に届き呼気として悪臭を放ってしまいます。

カオリッチには、この二つの原因で体内に蓄積した口臭の臭いの元を抑制するためのさまざまな成分が配合されています。

体内の悪臭を抑制するための成分とは?

カオリッチには、炭の力を使って臭いを元からアタックする成分が配合されています。

カオリッチに使われている炭は、鹿児島県にある竹林の孟宗竹だけを原材料にしています。

それは、竹炭(チャコール)とも呼ばれ、その中でもミネラル分の多い上部の3分の1だけを使用して焼き上げたもののみを使い、頑固な臭いに吸着することで臭いを元から取り除きます。

カオリッチ 竹炭

チャコールには細かい無数の穴が開いており、まさにスポンジに水が吸い込まれるかのように、悪臭を閉じ込めて臭いを緩和します。

消臭効果が高いものというとトイレなどにも使われる備長炭が有名ですが、臭いの残存率を調べてみると竹炭は備長炭よりも優れた効果を発揮することが実験でも確認されています。

もちろん、カオリッチに配合されている成分はこれだけではありません。

多くの口臭予防サプリメントに使われているしっかりと臭いを抑える効果が期待される成分も配合されています。

・シャンピニオンエキス

多くの消臭サプリメントにも使われている成分です。

シャンピニオンには腸内の善玉菌や悪玉菌のバランスを調整して腸内の環境を整える働きをするとも言われ、介護食などにも利用されています。

カオリッチには100倍濃縮したシャンピニオンエキスが使われています。

・センスピュール

カオリッチに配合されたセンスピュールの原料はお米と大豆を発酵抽出したものです。

腸内環境を改善してくれる働きを持っていて、身体に不安のない程度に腸を洗浄してくれるサポート効果があるので、緩やかに悪臭を抑えてくれます。

・デオアタック

カオリッチにはコーヒーの生豆ごぼうから抽出した天然のポルフェノールでであるデオアタックが配合されています。

アンモニア臭や魚の腐った臭いなどの悪臭成分や蒸れたような靴下の臭いなどに対して強い消臭効果を発揮します。

また、臭いのなかでも消臭しにくい硫黄系(腐った卵やたまねぎの臭い)にも効果を発揮します。

カオリッチに配合されているシャンピニオンが悪臭を包み込みセンスピュールとデオアタックが臭いをキャッチし戦うトリプル成分もカオリッチの大きな特徴ですね。

そしてカオリッチに使われているこれらの3つの成分はすべて天然由来の成分なので、副作用の心配がほとんどないというところも見過ごせないメリットですね。

どれくらいの期間使ったらいいの?

カオリッチをどのくらいの期間使ったらよいかというと、やはり最低でも4ヶ月の期間 使いたいところですね。

もちろん個人差もあるので人によっては、1ヶ月ぐらいの期間で変化が表れる人もいるかもしれません。

ただ、カオリッチが口臭を予防する仕組みを考えても、即効性よりもある程度の期間を使ってニオイの原因を元から改善していく方が結果的に臭い元を絶つことになります。

一時的に臭いをごまかすようなものではないため、ある程度の期間は必要になるんですね。

もし、口臭が気になっていてしっかりと改善したいという考えの人はカオリッチを一度試していただきたいです。

⇒ カオリッチの口コミに嘘はない?スメハラを予防する効果・成分・コスパまとめ!

カオリッチは公式ページでキャンペーンを行なっており、7割以上の人が超実感コースを選んでいます。

2袋集中コースですが、初回は なんと通常価格の87%OFF

2回目以降も25%OFFで購入が出来ますので、キャンペーンをしている時なら絶対に公式ページがお得ですよ。

また、初めての人にも安心の20日間返金保証が付いているのも公式ページの大きなメリットです。

カオリッチ 返金保証

カオリッチの効果的な飲み方とは?

飲み方も簡単です。

カオリッチのサイズは直径9mmあります。

そのまま飲み込むには少し大きいですね。

カオリッチの飲み方は、口の中で溶かして噛まずに少し飲みやすいサイズになってから水などで飲み込んでください

舐めると少しヌルットしますが、胃酸ですぐに溶けないように特殊なコーティングがされている為で消臭に必要なものです。

カオリッチにこの特殊なコーティングをしていることで、効き目が2倍になるので嬉しいですね。

また、カオリッチを飲むタイミングですが、カオリッチは医薬品ではなくサプリメントなので特には決まってはいません。

1日2粒なので、臭いがキツクなる起床時と空腹時、疲労時などに飲むことをおススメします。

継続して飲むことが大切なので、できるかぎりカオリッチを毎日飲むようにしてください。

カオリッチの臭わなくなる期間のまとめ

カオリッチは体の内側からニオイにアタックするサプリメントなので、最低でも4ヶ月の期間は継続することが望ましいです。

でも、ニオイをごまかすものではないので、効果が表れてくれば、その状態をキープしやすくなるのではないでしょうか。

カオリッチを使って一日でも早く嫌な口臭から開放されて自信を持って過ごせるようになるといいですね。

↓↓今もキャンペーン中か確認をどうぞ
15534
カオリッチの公式ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする