クリニックで歯を白くするのとどこが違う?自宅で解決できるホワイトニングとは?

テレビを見ていると芸能人の歯はうらやましいほど白くてキレイ人が多いですよね。

むかし芸能人は歯が命と言われていましたが、今はそれ以上かもしれません。

とにかく、テレビの画質は4Kやついには8Kまで登場し、スマホのカメラの解像度も高いので、見えなくてもいいものまで写してしまうのでやっかいかも。

芸能人はクリニック(審美歯科)などで本格的なホワイトイニングを行なっている場合がほとんどではないでしょうか。

一般人の場合、気になるのはかかる費用通院する時間が取れるかどうかですね。

そこで、ホワイトニングにはクリニック(審美歯科)に行かなくても、歯を白くするために行なえるものもあるので、自宅で解決できるホワイトニングとの違いについて検証したいと思います。

クリニック(審美歯科)で行なうホワイトニングの種類と問題点とは?

シャイニープラス クリニック

それではクリニック(審美歯科)で行なうホワイトニングの種類を紹介しますね。

クリニック(審美歯科)で行なわれるホワイトニングには3つの方法があります。

① オフィスホワイトニング

クリニック(審美歯科)で歯科医師や歯科衛生士がすべての施術を行なう方法です。

専用の薬剤レーザーを使って歯を白くしていく方法で、次に紹介するホームホワイトニングでも薬剤を使用しますが、より高い濃度で効果の高い薬剤をオフィスホワイニングでは使用します。

資格をもった歯科医師や歯科衛生士が行うので効果が高い薬剤が使用できるし、専門家が行なうので安心感もありますね。

次に挙げるホームホワイトニングと比較すると短期間で白くなったのを実感できるというメリットがありますが、色が戻りやすいというデメリットもあります。

平均的なホワイトニングの持続時間は平均3~6ヶ月です。

費用は、クリニック(審美歯科)によって変わりますが、目安は1回あたり20,000円~50,000円です。

1回で効果の出る人もいますが、希望の白さにするために数回行なうケースもあります。

② ホームホワイトニング

この方法は、自宅で行なうことができますが、最初はクリニック(審美歯科)に行って、歯の型をとって施術を受ける人の歯型にぴったりとあったマウスピースを作成します。

このマウスピースにクリニック(審美歯科)からもらったホワイトニング用の薬剤をマウスピースに自分で入れてこれを口の中でくわえて行う方法です。

通常は、自宅で1日数時間装着し、2~4週間の間継続してホワイトニングを行ないます。オフィスホワイトニングと比較すると、効果が表れてくるまでに時間がかかります。

歯科医師や歯科衛生士が行なうのではないので、強い薬剤が使えませんが、その分、低濃度なので安全です。

そして、時間をかけて行うので、色が戻る時間も長くなり、効果が持続します。

平均的なホワイトニングの持続期間は1~2年と長持ちします。

同じく費用はクリニック(審美歯科)によって代わりますが、目安は15,000円~35,000円です。

③ デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したものです。オフィスホワイトニングで一気に歯を白くしてからホームホワイトニングでじっくりと歯を白くしていく方法です。

両方の良いとこどりをした感じですね。

この方法を使うとオフィスホワイトニングの欠点である白さを持続できないという点と、ホームホワイトニングの欠点である効果が表れるまでに時間がかかる点がクリアーされます。

平均的なホワイトニングの持続時間は、1~2年とこちらも長持ちします。

費用はクリニック(審美歯科)によって変わりますが、目安は50,000円~80,000円と高額になりますね。

それぞれに一長一短あります。

何を優先にホワイトニング方法を決めればいいのか?

シャイニープラス 選択

ホワイトニングをする際には、何を優先して決めればいいのかも悩むところですね。

クリニック(審美歯科)で行なうホワイトニング方法はこれでわかりましたが、どの方法がどんな人におススメなのか検証しましょう。

まずは、オフィスホワイトニングは、大事な日があって(結婚式とか何かの授賞式など)すぐに歯を白くしたい人、自分でやるのは手間なのですべて歯科医師等に任せたい人クリニックに行く時間が取れる人ですね。

ただ、自分が思っている白さまでホワイトニングしたい場合は、1回で終わらないので費用も高くなりますね。

次にホームホワイトニングですが、即効性を望まない人なるべく安くしたい人クリニックに通う時間が取れない人におススメです。

自分のペースで行なえるというメリットはありますが、1日2時間装着する必要がありますし、装着した後2時間は炭酸飲料、赤ワインやカレーなど着色しやすい食べ物は避けた方がいいです。

できるならばホワイトニングをした後の1~2時間は飲食を控えるのがベストです。

最後にデュアルホワイトニングですが、もっとも効果が高いですが、なんといっても高額になります。芸能人でもない人がそこまでのホワイトニングが必要なのか?私は少し疑問に感じるところです。

もう一つ根本的な問題があります。

昔と違って歯のホワイトニングは身近なものになってきています。そのため、男性でも歯の黄ばみは歯の手入れを疎かにしていて、見た目も汚いだらしない人との印象を与えてしまう可能性が高くなってきました。

若い男性はクリニック(審美歯科)で受診するケースも増えてきてはいるようです。

ただ、ホワイトニングの悩みをヤフー知恵袋などで見ていると、まだまだクリニック(審美歯科)に美容目的で行くのはハードルが高いという声が多くあります。

ある程度の年齢になっていると仕事の関係で通院の時間が取れないなど、中年男性にとっては自宅で解決すべき問題が残っています。

自宅で解決できるホワイトニングとは?

シャイニープラス 自宅

ホームホワイトニングは自宅で解決できる方法とはいえ1回はクリニック(審美歯科)に行かなければいけません。

しかも自宅で毎日2時間が必要であることと、食事前1~2時間は行なえないことを考えると、継続して行なうのは難しいのではないでしょうか?

そこで提案できるのが、ホワイトニンググッズを使うことです。

もちろん、ホワイトニングの効果という意味では、クリニック(審美歯科)とは違いまったく及びません。しかし、先程挙げたヤフー知恵袋でのホワイトニングの悩みの中には、あまり極端に白くなると女性に引かれるのではないかといった声もあるんですね。

ホワイトニング効果がそこまで強くなくてもいいのであれば、ホワイトニンググッズも自宅で解決できる方法として選択肢の1つになりますね。

自宅で解決できるホワイトニンググッズの種類は?

自宅で歯の黄ばみを解決をするためのホワイトニンググッズにもいくつかあります。

ここでは、クリニック(審美歯科)にわざわざ行かなくても出来るホワイトニング方法を紹介します。

① ホワイトニング用の歯磨きを使う

市販されているものもありますし、通販のみしか取り扱っていないものもあります。

② 重曹を使う

使いすぎると歯が削れてしまうので注意が必要ですが、色落ちの効果は高いです。

③ 歯の消しゴム

いろいろ種類がありますが、特にピンポイントで汚れている時に重宝します。ただし、重曹と同じで強く擦りすぎるとエナメル質が削れるので要注意です。

④ ホワイトニングペンを使う

ジェルに含まれる薬剤で歯を白くする効果が期待できます。メリットは携帯できるところで、これは自宅用というよりも外出用ですね。

⑤ 電動歯ブラシで着色を落とす

一番手軽に出来るホワイトニング用のジェルは?

以上の中でホワイトニング用の歯磨きを使うケースに着目してみました。

実はホワイトニング用の歯磨き粉(ジェル)にはたくさんの種類があります。

その中で、今使っている歯磨き粉と置き換えるだけで自宅で簡単にホワイトニングが出来るのが「はははのは」です。

販売開始から日が経ちますが、今でもコンスタントに売れ続けている人気商品です。

まず、ホワイトニング効果だけを見ると「はははのは」はクリニック(審美歯科)には及びません。

「はははのは」の最大のメリットは自宅でしかもいつもの歯磨きでホワイトニングができることです。

そして、「はははのは」は同じようなホワイトニングジェルの中でも、かなりコスパの良い商品です。

初回は、通常価格の約43%OFFの1,980円税込・送料込み

2回目以降は、約15%OFFの2,980円税込+送料270円で続けることができます。

さらに、定期コースの商品を購入したことのない人がよくトラブルになる「縛り」もなく、1回の購入で支払いが終了していれば、すぐに解約することができます。

また、30日間の返金保証もついているので、商品がカラダにあわない場合には、商品の1箱分の代金が返金されます。

まとめ

この記事ではクリニック(審美歯科)行なうホワイトニングと自宅でも出来るホワイトニングの違いについて紹介してきました。

特にクリニック(審美歯科)に行くのは恥ずかしくてていこうがあるし、極端に歯が真っ白になってしまうのも抵抗がある人の悩みを解決する方法として、自宅で行なえるホワイトニング方法の方が向いているかもしれないのではと私は思っています。

初期費用はもちろんかかりますが、クリニック(審美歯科)でのホワイトニングと比較すればお安く済むので、クリニック(審美歯科)に行く前に試してみるのも1つの方法だと思いました。

歯の黄ばみで人間関係などで損をしないようにしたいものですね。

詳細 ⇒ 「はははのは」のホワイトニングの口コミは本当?歯の黄ばみが取れるのか検証してみた!

関連記事:キラビアンカの口コミは本当?スッキリする歯の新習慣!