イニオはどれくらいの期間使い続けるといいの?

イニオはどれくらいの期間使い続けると臭わなくなるの?

まずは、口臭の原因なのですが、あるアンケート調査で「ニオイは胃の中から発生する」といった答えが約60%を占めるという結果が出ました。

ところが、実際にはニオイの約80%が口の中で発生しているんです。

イニオは口の中にしっかりと成分が届くように開発をされたチュアブルタイプのサプリメントです。

イニオ 商品

そのイニオの特徴は口の中の善玉菌をサポートして、口腔内の菌バランスを善玉菌優位にすることで、悪臭を放つ口腔内の環境を整えるところですね。

また、口の中での発生以外の残り約20%の原因である胃腸などの体の内部を原因とする口臭にもしっかりアタックする成分もイニオには配合されているので安心です。

イニオの効果を実感できる期間には個人差がありますが、多くの口臭の原因である口の中のバランスを整える期間としては、口コミなどを見てみても1ヶ月~3ヶ月ぐらい使い続けることが目安になると思います。

ところで、イニオを使うとどうして口臭に効果があるのかって気になるところですね。

先程紹介したように口臭の原因は口の中から起こるものと胃腸などから起こるものがあります。

イニオにはその両方に効果が期待できる成分が配合されています。

口臭予防・改善の対応策として、イニオには以下の3つのポイントが挙げられます。

① 口の中を善玉菌優位にして菌のバランスを整える

4つの成分が活躍します。

成 分 名 特  徴
ロイテリ菌 母乳から見つかり今も盛んに研究されている乳酸菌の1つ
ラクトフェリン 母乳に含まれる成分で赤ちゃんを菌から守るのに欠かせない成分
なた豆茶エキス マメ科としては最大級の植物でそのサヤは60センチまで成長するパワーを持っている。「カナバニン」という特有成分があり抗菌力で昔から不快な症状に用いられてきた
月桂樹 「ローリエ」「ベイリーフ」とも呼ばれて肉の臭みを消す香辛料として料理などに利用されてきた。近年は口の中の菌へ良い影響をもたらすと研究が進行中

②加齢減少してしまう潤いをサポートする

加齢などで口の中が乾燥してしまうと、唾液の分泌量が減少し、細菌の増殖が起こり悪臭が発生しやすくなります。

そこで、納豆由来で潤う力を高めると言われているポリグルタミン酸という成分がイニオには配合されており、口の中の潤いをサポートします。

③ 胃腸などに起こっている悪臭を包み込む

イニオには胃腸の不調によって起こる悪臭を以下の2つの成分で包み込んでケアをします。

成分名 特  徴
デオアタック 生豆コーヒーから抽出した高濃度のポリフェフェノールとごぼうの酵素を組み合わせて作られた成分。強化された酵素の力で悪臭物質をケア
シャンピニオンエキス マッシュルームから抽出されたエキス。世界10ヶ国(英、仏、独、スイス、スペイン、スウェーデン、米国、カナダ、韓国、日本)で特許が取得されている成分

口の中と胃腸の両方をしっかりケアできるような成分がイニオには配合され、継続して使い続けることで、悪臭にアプローチにニオイを克服できるわけです。

詳細 ⇒ イニオの口コミ!その効果・成分・コスパなどの評価まとめ!

イニオは定期便の中でも毎月2袋コースが人気ですね。

その理由の一つとしては、ほかの商品でよくある縛り(〇〇回継続といった条件)がないからです。

定期便(毎月2袋コース)なら 初回はなんと通常価格の約86%OFF です。

送料無料なのもありがたいですね。

2回目以降も約30%OFFで購入可能なので、イニオを買うなら断然公式ページの定期便毎月2袋コースがおススメです。

そんなイニオですが、他の口臭予防グッズにはあまり使用されていない成分が配合されています。

それが口腔内の菌バランスに貢献する「ロイテリ菌」と呼ばれるスーパー乳酸菌です。

イニオ ロイテリ菌

イニオに配合されている成分は、多くの口臭予防サプリメントでも使用されているものが多いです。

その中で、他の口臭予防サプリメントにはないイニオ特有の成分がロイテリ菌なんですね。

ロイテリ菌は母乳から見つかっており、もともとヒト由来の乳酸菌で正式名称はラクトバチルス・ロイテリ(Lactobacillus reuteri)と呼ばれています。

体に良い善玉菌はたくさんありますが、体内に摂取しても腸まで届かないため、腸にいる時間が少なくなってします。

そんな 欠点をカバーするのがイニオに配合されたロイテリ菌 です。

他の善玉菌は胃酸や胆汁などに触れると死滅してしまうことが多いのですが、ロイテリ菌はもともとヒト由来の乳酸菌なので、生命力が強く消化器に安定して生息することが出来るんです。

ロイテリ菌は生きたまま腸まで届き、ロイテリンと呼ばれる抗菌物質を生み出し、体内の悪玉菌を抑える働きを持つと言われる報告もされていまず。

そんな性質からもイニオを使い続けることは重要です。

それゆえにロイテリ菌はスーパー乳酸菌とも呼ばれているんですね。

また、優れた善玉菌を取り込んで体の不調を予防する「バクテリアセラピー」が世界各地で取り上げられています。

※ バクテリアセラピーとは細菌療法ことです。 バイオテクノロジーが生んだ「菌質改善」で病気の予防や治療に役立てる先端医療技術です。

その中でも人体に良いとされるものとして薦められているのが、ロイテリ菌です。

ロイテリ菌は多くの効果・効能があります。

① 歯周病・虫歯の予防

予防歯科の最先端をいくスウェーデンでは、早くからロイテリ菌を用いたバクテリアセラピーが行なわれて虫歯や歯周病の予防に取り組まれています。

② ピロリ菌の抑制

ロイテリ菌から作られるロイテリンという抗生物質は、ピロリ菌を抑制する働きを持ちます。

ある実験によるとロイテリ菌を併用(胃酸を抑える薬)した患者の内、約60%がピロリ菌の感染が抑制されていることが分かっています。

ロイテリ菌には、ほかにも免疫力の強化や赤ちゃんの夜鳴きの原因の一つである乳幼児によく見られる激しい腹痛を緩和するといった報告がなされているんです。

イニオ 腹痛

では、イニオはどれくらいの期間使い続けるとよいのでしょうか?

利用してすぐに効果を感じたという声もありますが、サプリメントなので、やはり最低でも3ヶ月は使い続ける必要があるのではないかと思います。

もちろん個人差はありますが、1回にたくさん摂取するのではなく使い続けることが大切ですね。

特に胃腸からくる口臭については、他のサプリメントでも4ヶ月くらいは使い続けるようにしないと、なかなか改善されないといった声が多いですね。

イニオの飲み方はとても簡単です。

医薬品であれば処方箋も発行されて、飲むタイミングも記載されていますが、イニオはサプリメントで健康食品にあたるため、特に決まった時間はありません。

イニオを使い続ける中で、効果を感じるためには1日の中で自分で決めた時に毎日飲むタイミングを決めておくことが継続するためのコツです。

イニオの1つの飲み方としては、推奨されている1日2粒をニオイがきつくなる起床時と日中でニオイが気になるタイミング、例えば昼食後など2回に分けて口に中でしっかり溶かして飲むのがおススメです

イニオは長く使い続けることで、はじめて効果を発揮するように作られていますので、コツコツとある程度の期間を開けずに毎日飲み続けることが重要ですね。

イニオを使って一日でも早く嫌な口臭から開放されると最高ですね。

詳しくは ⇒ キャンペーンでお得に申し込たい方はこちら!