ゴッソトリノとオーラクリスターゼロの口臭予防効果の比較と選び方!

森下 瑛士
森下 瑛士
口臭予防グッズのゴッソトリノとオーラクリスターゼロの違いを比較してみました。

ゴッソトリノとオーラクリスターゼロのどちらを選ぶと口臭予防に役立つのでしょうか?

いくら親しい間柄でも、なかなか人の口臭を指摘するのは難しいですよね。

しかも、口臭は嗅覚が慣れてくると自分で自分のニオイを感じにくくなります

いつのまにか相手から距離をとられていたりする原因が自分の口臭だったと思うとゾッとしませんか?

口臭予防は日頃の歯磨き習慣や食生活も重要ですが、口臭予防グッズを使う手もあります。

そこで、人気の高い2つの口臭予防グッズに焦点を当てていきたいと思います。

「ゴッソトリノ」

「オーラクリスターゼロ」

⇒ すぐに「ゴッソトリノ」と「オーラクリスターゼロ」の選び方を確認したい人はココをクリック

「ゴッソトリノ」と「オーラクリスターゼロ」のメリットとデメリットとは?

「ゴッソトリノ」と「オーラクリスターゼロ」のどちらが口臭対策になるかを比較する上で、商品の違いを分かりやすくするために、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

「ゴッソトリノ」のメリットとデメリットとは?

・「ゴッソトリノ」のメリット

「たった15秒のケアで汚れをゴッソリ!」がキャッチフレーズのゴッソトリノは製薬会社が作った汚れが見える新感覚のマウスウォッシュです。

そんなゴッソトリノのメリットから見てみましょう。

1つ目の「ゴッソトリノ」のメリットは、口臭予防をメインにしながらも、歯周病予防が同時に出来ることです。

口臭は、歯磨きで落としきれない細菌の餌が分解されるときに起こります。

「ゴッソトリノ」は歯磨きでは十分に落としきれない細菌のエサをゴッソリと除去することで口臭を予防します。

また、「ゴッソトリノ」は医薬部外品なので、効果効能のある成分が使用されています。

ご存じの通り医薬部外品は厚生労働省が認可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されているものを指します。

2つ目の「ゴッソトリノ」のメリットは、たった15秒間で口の中をケアできる点です。

口臭は一日の中で起床時がもっともきつくなると言われています。

「ゴッソトリノ」は、そんな忙しい朝でもわずか15秒間口の中でくちゅくちゅした後、透明なコップなどに吐き出すだけ。

口の中の汚れが目で見てわかるので、継続するためのモチベーションアップになる点もメリットの一つです。

3つ目の「ゴッソトリノ」のメリットは、個包装されているので、持ち運びが便利でどこでも使うことができる点です。

他のマウスウォッシュの場合には、容器からコップに移すために、衛生面で不安が残りますが、「ゴッソトリノ」の場合には、個包装しており、使いきりなので衛生面にも優れています

・「ゴッソトリノ」のデメリット

1つ目の「ゴッソトリノ」のデメリットは、手元にカップなどの容器がないと使えない点です。

その点「オーラクリスターゼロ」は、いつでもどこでもスプレーするだけなので、吐き出すところがあればどこでも使えます。

2つ目の「ゴッソトリノ」のデメリットは、「オーラクリスターゼロ」と同様に、体の内側(胃腸)を原因とする口臭には効果を発揮できない点です。

「ゴッソトリノ」は通販でしか購入できませんので、お得な定期コースのある公式ページから購入することをおススメします。

詳細 ⇒ ゴッソトリノの口コミ!臭い玉にも効果があるの?

「オーラクリスターゼロ」のメリットとデメリットとは?

・「オーラクリスターゼロ」のメリット

「オーラクリスターゼロ」は、話のプロであるアナウンサーも認めている人気の口臭予防スプレーです。

専門家である歯学博士・歯科医院院長も殺菌作用があり口臭に効果的面と太鼓判を押しています。

そんな「オーラクリスターゼロ」のメリットから見てみましょう。

1つ目の「オーラクリスターゼロ」のメリットは、口臭予防に加えて、虫歯予防、歯周炎・歯肉炎予防、ホワイトニングが同時に出来ることです。

「ゴッソトリノ」にはホワイトニング効果はないので、オーラルケアとしては「オーラクリスターゼロ」の方に軍配があがりますね。

2つ目の「オーラクリスターゼロ」のメリットは、即効性があって、使った後は口臭を大幅に抑制することが出来る点です。

「オーラクリスターゼロ」は舌苔のある舌に吹きかけ、口の中全体に行き渡らせやすいので、即効性と持続性の両方を併せ持ちます。

3つ目の「オーラクリスターゼロ」のメリットは、携帯性に優れている点です。

コンパクトな上に、他のマウスウォッシュのように容器も不要です。

「ゴッソトリノ」は個包装から容器に移すため、容器がないと使えませんが、「オーラクリスターゼロ」はスプレータイプなので、どこでも使用できますよ。

緊急に口臭を抑えたいタイミングを逃さないのも大きなメリットです。

・「オーラクリスターゼロ」のデメリット

1つ目の「オーラクリスターゼロ」のデメリットは、容量が少ないため、無くなってしまうのではないか不安になる点です。

最初から容量を増やしてしまうと、「オーラクリスターゼロ」のメリットである携帯性が失われてしまいます。

公式ページからなら複数本の購入も出来るので、予備を持っておくと安心かもしれません。

2つ目の「オーラクリスターゼロ」のデメリットは、市販の口臭予防グッズと比較すると値段が高いという点です

後ほど「ゴッソトリノ」との価格の比較もしますが、やはり費用は高くなってしまいます。

費用に関しては、口臭の悩みの深さによって使う人毎に適正な価格が変わってくるのではないかと思います。

少しぐらい高くても自分にとって値段以上のものがあれば継続して使う価値は十分にありますよね。

3つ目の「オーラクリスターゼロ」のデメリットは、「ゴッソトリノ」と同様に、胃腸が原因となる口臭には効果を発揮することができません

「オーラクリスターゼロ」も通販でしか購入できませんので、お得な定期コースのある公式ページから購入することをおススメします。

詳細 ⇒ オーラクリスターゼロの効果口コミ!口臭予防以外にも使えるの?

全成分の比較徹底検証!その特徴とは?副作用は大丈夫?

次に2つの商品「ゴッソトリノ」と「オーラクリスターゼロ」の全成分について紹介します。

「ゴッソトリノ」の全成分

精製水、エタノール、ソルビトール液、キシリトール茶エキスー1アラントイン、メントール、シメンー5-オール、ステビアエキス、ウーロン茶エキスホップエキスドクダミエキストウキエキス-1ワレモコウエキスビワ葉エキスクマザサエキス、BG、無水エタノール、無水クエン酸、クエン酸Na、カラメル、メチルパラベン,香料

「オーラクリスターゼロ」の全成分

湿潤剤:ソルビトール液、茶エキス-1レモンエキスウーロン茶エキスホップエキスドクダミエキストウキエキス-1ワレモコウエキス、BG 清涼剤:エタノール、無水エタノール、メントール、甘味剤:キシリトール、ステビアエキス 可溶剤:POE・POPデシルテトラデシルエーテル、ph調整剤:無水クエン酸、クエン酸Na 薬用成分:アラントインセチルビリジニウムクロリドシメン-5-オール、着香剤:香料 着色剤:カラメル 洗浄助剤:ポリリン酸Na 保存剤:メチルパラベン

上記の成分の中で、口臭予防に関連する成分は赤字で示しています。

その他の植物由来成分、オーガニック成分や乾燥を防ぐ成分を緑字で記載しています。

ホワイトニングや虫歯・歯周炎・歯肉炎予防の成分は青字で示しています。

口臭予防においては、ほぼ同じような成分でそれほど差はありませんね。

植物由来成分に関しては、ゴッソトリノの方が種類が多く、低刺激で安心な商品作りがされているように思います。

「オーラクリスターゼロ」にはホワイトニングのための成分が配合されていますが、ゴッソトリノには配合されておらず、より口臭予防に焦点を絞った配合がされています。

副作用を起こす心配はないの?

基本的には、「ゴッソトリノ」も「オーラクリスターゼロ」も天然成分を配合しており、大きな副作用を起こす可能性は低いです。

ただし、両商品ともに、エタノールメチルパラベンが配合されており、アレルギー体質の人は念のためかかりつけの医者か薬剤師に確認してみてくださいね。

年齢や性別などのターゲットの違いは?

ここでは、それぞれの商品のターゲット層の違いなどについても検証してみました。

ゴッソトリノ」は、30~50代の男女で、口臭があるかもと不安を持っている人におススメです。

一方「オーラクリスターゼロ」は、20~50代の男女で、人と話す機会の多い人で口臭エチケットに気を配っている人に向いていますね。

男性と女性ともに使える?

口臭予防というと女性の方が多いイメージがありますが、「ゴッソトリノ」も「オーラクリスターゼロ」も、男女ともに利用されています。

もとろん、性別によって口臭予防の効果に違いはありませんから安心して使用できますよ。

妊娠中、授乳期でも使っても大丈夫?

デリケートな時期なので、念のためかかりつけの医師や薬剤師に確認してから使うことをおススメします。

もちろん、使用して異常を感じた場合は、すぐに使用を止めて医師に相談してください。

口臭予防が実感できる期間は?

「ゴッソトリノ」、「オーラクリスターゼロ」ともに個人差があるので、おくまで目安でお伝えします。

「ゴッソトリノ」は、ほぼ1~3ヶ月で効果を実感できる人が多いです。

一方「オーラクリスターゼロ」は口臭予防に関しては、かなり早く効果を実感することができます。

さらに、3ヵ月ほど続けて使用すると、口臭の原因となる雑菌を抑制することができるので、継続して使用することをおススメします。

また、ホワイトニング効果も期待できますが、それほどの即効性はありませんので、3ヵ月は継続して使いましょう。

価格や返金保証などの違いをチェック!

商品の価格や返金保証の有無などを比較してみました。

では、価格から見てみましょう。

まず、はじめにどこから買うのがお得かと言うと、「ゴッソトリノ」「オーラクリスターゼロ」ともに公式ページからが一番お得で安心です。

そこで分かりやすいように表にまとめてみました。

商 品 名 初回価格 2回目以降の価格
「ゴッソトリノ」
(1箱30袋)
1,380円税別・送料無料
(通常価格の約68%OFF)
3,300円税別・送料無料
(通常価格の約25%OFF)
「オーラクリスターゼロ」
(1本25ml)
3,540円税別・送料600円税別
(通常価格の約27%OFF)
3,540円税別・送料無料
(通常価格の約27%OFF)

上記のように、初回も2回目以降も「ゴッソトリノ」の方が、安く購入することができます

この価格の違いの一つは、「オーラクリスターゼロ」にホワイトニング効果のための成分が配合されているからです。

口臭予防と歯周病だけに焦点を当てている分だけ「ゴッソトリノ」の方がお安くなっていますね。

定期コースの「縛り」はどう?

通販の定期コースを利用する際には「縛り:何回か継続して使用する条件」があるかどうかチェックが必要ですね。

今回比較した「ゴッソトリノ」と「オーラクリスターゼロ」は、いずれも初回分を受け取って支払いが完了すれば、いつでも解約できるので安心です。

返金保証は付いているの?

次は定期コースの場合に安心して購入できる返金保証についてです。

「ゴッソトリノ」は30日間の返金保証がついています。

「オーラクリスターゼロ」は、返金保証を採用していません

30日では効果を実感するには短いと思いますが、長く使っていくには、その味や使いやすさも重要なポイントです。

この記事を読んでも、どちらの商品を使おうか迷っている場合には、返金保証のある「ゴッソトリノ」から始めてみるとよいかと思います。

選ぶ時のコツは?

「ゴッソトリノ」は、口臭予防と歯周病に焦点を絞っています。

個包装で持ち運びはしやすいですが、使う際にカップが必要なので、自宅でじっくりと口臭対策したい人に向いていますね。

また、「ゴッソトリノ」の方がコスパもいいです。

一方で、ホワイトニングを含めたオーラルケアとして使いたい人には、「オーラクリスターゼロ」をおススメします。

ただ、これは私見ですが、ホワイトニング成分は配合されていますが、ホワイトニング専用に作られたグッズと比較すると、やはりその効果は薄いと言わざるを得ません。

使い方としては、「オーラクリスターゼロ」のどこでも気軽に使えるというメリットを生かしたい人(例えば、アナウンサーや人前で話す機会が多い人)に向いていますね。

「ゴッソトリノ」と「オーラクリスターゼロ」のまとめ

いかがでしたか?

この記事では、「ゴッソトリノ」と「オーラクリスターゼロ」を比較してみました。

先ほどの選び方にも記載しましたが、あなたがどういうシーンで口臭予防グッズを使うのかを考えて購入することをおススメします。

いずれにしても、口臭の問題はデリケートな上に、周りとのコミュニケーションにも大きな影響を及ぼすので、しっかいとケアしたいものですね。

「ゴッソトリノ」や「オーラクリスターゼロ」を試し、口臭を抑制して誰とでも自信を持って会話が出来ると最高です。

口臭予防に特化しコスパが良い商品を使いたいなら「ゴッソトリノ」がベストです。
詳しくはお得な公式サイト ⇒ 口臭対策に!汚れが見える新感覚マウスウォッシュ【ゴッソトリノ】

手軽にどこでも口臭ケアをしたい人には、「オーラクリスターゼロ」をおススメします。
詳しくはお得な公式サイト ⇒ お得なオーラクリスターゼロの公式サイトはこちら