ちゅらトゥースホワイトニングとディノベートのホワイトニング効果の比較と選び方!

歯の悩みをもっとも理解しているのは歯医者ですよね。

この記事で紹介する2つのホワイトニンググッズは、いずれも多くの歯の黄ばみに悩んでいる人をサポートしてきた医師が開発に加わった商品です。

そんな悩んでいる人目線で開発された下記の商品をさまざまな視点から比較し、紹介したいと思います。

2つの商品とは

ちゅらディノベート ちゅらちゅらディノベート ディノベート

「ちゅらトゥースホワイトニング」

「ディノベート」

です。

⇒ すぐに「ちゅらトゥースホワイトニング」と「ディノベート」の選び方を確認したい人はココをクリック

「ちゅらトゥースホワイトニング」と「ディノベート」のメリットとデメリットとは?

ちゅらディノベート メリット

それぞれの特徴をわかりやすくするために、「ちゅらトゥースホワイトニング」と「ディノベート」のメリットとデメリットを比較してみます。

「ちゅらトゥースホワイトニング」のメリットとデメリットとは?

「ちゅらトゥースホワイトニング」は現役の歯科医師が高評価し、リピート率91%多数の芸能人も愛用している人気のホワイトニンググッズです。

まずは、「ちゅらトゥースホワイトニング」のメリットから見ていきますね。

1つ目の「ちゅらトゥースホワイトニング」のメリットは、歯を白くする3つの成分がしっかり配合されていることです。

歯の黄ばみを落とすのに効果のある成分で元の白い歯の色に近づけてくれます。

使い方は簡単で、歯磨きの後に「ちゅらトゥースホワイトニング」をスポイドを使って歯ブラシに垂らし、優しくブラッシングするだけです。

2つ目の「ちゅらトゥースホワイトニング」のメリットは、医薬部外品であることです。

医薬部外品は医薬品ほど作用は強くはありませんが、厚生労働省に効果・効能が認められている有効成分が一定量入っている商品のことです。

ホワイトニンググッズの中には医薬部外品ではなく、化粧品に分類されるものもありますが、医薬部外品の方がその効き目はもちろんですが、より安心して使えますね。

3つ目の「ちゅらトゥースホワイトニング」のメリットは、歯を痛めず安心して使えることと、ホワイトニング以外のオーラルケアにも使える点です。

もう少し具体的にその特徴を以下に記載しておきますので、参考にしてください。

① 低刺激で安心

「ちゅらトゥースホワイトニング」には、研磨剤、発泡剤、漂白剤、合成ポリマー、人工甘味料、動物由来原料、パラベンを使っていないので低刺激で安心して使えます。

市販のホワイトニング歯磨き粉の多くには発泡剤が配合されています。

発泡剤が配合されていると泡立ちがよくなるので、しっかり磨けた気になりますが、そこに落とし穴があります。

余計な泡が立たないので、より丁寧に歯を磨く習慣が付きます。

② 研磨剤フリーで歯に傷が付かない

多少の研磨剤であれば、歯の表面を削ることで歯を白くするメリットもありますが、反面汚れていない部分の歯の表面に傷をつけてしまういます。

結果として、着色汚れが目立つことになるだけでなく、歯を傷つけることにもなります。

③ 虫歯・歯周病予防・口臭予防成分を配合

ホワイトニングするためには、虫歯予防をしっかりしておく必要があります。

「ちゅらトゥースホワイトニング」には、GTOというウーロン茶抽出物とホップエキスからなる新成分が配合され、虫歯の発生を予防し、ほかにも口臭予防のために歯肉炎を抑えたり口の中の雑菌を抑制する成分が配合されています。

・「ちゅらトゥースホワイトニング」のデメリット

1つ目の「ちゅらトゥースホワイトニング」のデメリットは、使う際に手間が増える点です。

「ちゅらトゥースホワイトニング」を効果的に使うには、歯磨きした後にもう1回「ちゅらトゥースホワイトニング」を付けて、ブラッシングする必要があります。

一部のホワイトニング用歯磨き粉には、歯磨きの変わりとして使うだけで余計な手間がかからないものも販売されています。

2つ目の「ちゅらトゥースホワイトニング」のデメリットは市販品と比較すると値段が高い点です。

市販の歯磨き粉なら数百円、ホワイトニング用と謳っているものでも2,000円以下で手に入ります。

その点「ちゅらトゥースホワイトニング」は定期購入で1ヶ月4,980円税別とかなり割高になりますね。

3つ目の「ちゅらトゥースホワイトニング」のデメリットは、公式サイトで定期購入がお得なのですが、3回の継続が必要な点です。

定期コースで購入した場合には、最低3回購入することが条件になっています。

「縛り」があるということですね。

4回目からはいつでも解約することができます。

「ちゅらトゥースホワイトニング」は薬局では販売されてません。通販専用の商品で購入は公式サイトが安心・安全ですよ。

詳細  ⇒ ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ効果!使い方にコツがあるの?

「ディノベート」のメリットとデメリットとは

「ディノベート」は、「ちゅらトゥースホワイトニング」と同様に現役の歯科医師が監修して開発されたホワイトニンググッズです。

「削らない」「シミない」「高くない」をキャッチコピーにしたホワイトニンググッズです。

医師歯科連携診療普及協会の推薦もあり、楽天ランキングでも1位を獲った実績があります。

・「ディノベート」のメリット

1つ目の「ディノベート」のメリットは、10,000名を超えるホワイトニングの悩みを聞いてきた現役医師が、本格的なホワイトニングが自宅でも出来るように開発された商品である点です。

自宅で本格的なホワイトニングができるだけでなく、コスパが良いと口コミでも評判です。

「ディノベート」は、多くの方が価格が高いという理由で美容歯科などのホワイトニングを諦めてしまう現状を、打破したいという強い思いから開発されています。

使い方も簡単で歯ブラシに「ディノベート」を2~3回プッシュして、やさしく歯全体に成分が届くようにブラッシングした後、軽く水でゆすぐだけです。

より効果を高めるために、事前に正しい歯磨きをして汚れを落としておくことをおススメします。

2つ目の「ディノベート」のメリットは、「ちゅらトゥースホワイトニング」と同様に、その分類が化粧品ではなく医薬部外品であることです。

医薬部外品は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度含まれている商品で、化粧品よりも効能・効果が期待できます。

3つ目の「ディノベート」のメリットは、3つのこだわりを持って開発された点です。

ひとつずつ紹介しますね。

① 3つの成分でホワイトニングと白さをキープ

ピロリン酸、ポリリン酸、DL-リンゴ酸で、歯の表面から浮かせた汚れをブラッシングで落とし、表面をコーティングするので汚れの再付着を防ぎます。

汚れを浮かして除去するので、歯に傷がつきません

② 口臭・歯周病も予防

「ディノベート」には歯のホワイトニングだけでなく、口臭の原因である菌を減少させるシメン-5-オール配合されており口臭予防にも対応しています。

そして歯周病の症状である歯茎の炎症を抑えるアラントインが配合されており、歯周病予防にもなります。

さらに、天然エキスであるノバラエキス・クマザサエキス・ワレモコウエキス歯茎の引き締めをサポートします。

③ 虫歯の原因をシャットアウトする

虫歯の原因であるネバネバする物質の正体はグラコシルトランスフェラーゼ(GTF)という酵素です。

「ディノベート」に配合されたウーロン茶とホップエキスから作られた「GTO」が虫歯から歯を守ります。

・「ディノベート」のデメリット

1つ目の「ディノベート」のデメリットは、手間が増えて面倒な点ですね。

「ディノベート」を効果的に使うには、歯磨きをした後にもう1回「ディノベート」と付けてけてブラッシングする必要があります。

時間にすると短いのですが、朝の忙しい時間に2回歯磨きをするようなものなので、途中で挫折する可能性もあります。

「ちゅらトゥースホワイトニング」のデメリットと同じですね。

2つ目の「ディノベート」のデメリットは市販品と比較すると値段が高い点です。

こちらも、「ちゅらトゥースホワイトニング」と同じです。

後ほど、「ちゅらトゥースホワイトニング」と「ディノベート」の価格を比較しますので、そちらを参考にしてください。

3つ目の「ディノベート」のデメリットは、公式サイトで定期購入がお得なのですが、3回(5本)以上の継続が必要なことです。

「ちゅらトゥースホワイトニング」にも購入回数の制限がありましたが、さらに1回多くの継続が必要です。

「ディノベート」も薬局では販売されてません。通販専用の商品で購入は公式サイトが安心・安全ですよ。

詳細 ⇒ ディノベートの効果に嘘はない?口コミ・成分・コスパ等評価!

全成分の比較徹底検証!その特徴とは?副作用は大丈夫?

次に2つの商品「ちゅらトゥースホワイトニング」と「ディノベート」の全成分について紹介します。

「ちゅらトゥースホワイトニング」の全成分

精製水、濃グリセリン、オウゴンエキスシャクヤクエキスレモンエキス、1,3-プチレングリコール、DL-リンゴ酸、アスコルピン酸、ポリアスパラギン酸ナトリウム液ウーロン茶エキス茶エキス(1)ホップエキス、エタノール、I-メントール、無水エタノール、無水クエン酸、メタリン酸ナトリウム、キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ステビアエキスキシリット香料(スペアミント)、安息香酸ナトリウム、アラントインイソプロピルメチルフェノール、天然ビタミンE、青色1号

「ディノベート」の全成分

グリセリン、水、BG、エタノール、キサンタンガム、メントール、クエン酸、リンゴ酸、アラントイン、シメン-5-オール三リン酸5Naピロリン酸4Naホップ花エキスワレモコウエキスチャ葉エキスクマザサ葉エキスカニナバラ果実エキス、香料

全成分の中でも上記の赤色の表記がホワイトニングをケアする成分です。

青色の表記は、虫歯予防や口臭予防成分です。

そして、その他の植物成分を緑色で表記しました。

「ちゅらトゥースホワイトニング」は、ホワイトニング用として3種類、虫歯や歯周病予防、口臭予防用として8種類、植物成分として4種類配合されています。

一方「ディノベート」はホワイトニング用として3種類、虫歯や歯周病予防、口臭予防として4種類、植物成分として3種類が配合されています。

配合量まで非公表ですが、ホワイトニング成分については、いずれも3種類と同じでした。

成分の種類については、「ちゅらトゥースホワイトニング」の方が多く配合されていることがわかりますね。

副作用の心配はないの?

ちゅらディノベート 副作用

「ちゅらトゥースホワイトニング」については、研磨剤、発泡剤、漂白剤、合成ポリマー、人工甘味料、動物由来原料、パラベンを使用していません。

「ディノベート」は、製造管理・品質管理の適正を定める医薬部外品GMPの厳しい監査のもとで、ガイドラインに遵守した工場で製造されています。

ただし、「ちゅらトゥースホワイトニング」「ディノベート」とともに、植物成分が入っているので、アレルギー体質の人は事前に薬剤師に相談しておきましょう。

年齢や性別などのターゲットの違いは?

ここでは、それぞれの商品のターゲット層の違いなどについても検証してみました。

「ちゅらトゥースホワイトニング」は、美容の女性専門家100名が集まる「美の祭典2017」に出品し大好評だったこともあり女性の利用者が多いです。

一方「ディノベート」の方も、比較的若い女性層をターゲットにしており、「ちゅらトゥースホワイトニング」のターゲットと被っています。

男性と女性とも使えるの?子供も使える?

ちゅらディノベート 家族

「ちゅらトゥースホワイトニング」「ディノベート」ともに、メインターゲットは女性ですが、男性の方が使ってもまったく問題はありません

ただ、いずれの商品もエタノールが配合されているので、6歳未満子供は使わない方がいいです。

妊娠中、授乳期でも飲んで大丈夫?

ちゅらディノベート 妊婦

基本的にはカラダに害を及ぼす成分は「ちゅらトゥースホワイトニング」「ディノベート」ともに配合されていませんので、問題はありません。

もちろん妊娠中はデリケートな時期ですので、不安があるようでしたら、かかりつけの医師か薬剤師に確認して使ってください。

ホワイトニングにかかる期間は?

ちゅらディノベート 期間

「ちゅらトゥースホワイトニング」は、早い人で1ヶ月、遅い人で3ヶ月ぐらいが目安になります。

「ディノベート」も、3ヶ月くらいで歯の色の変化を実感できたという口コミが多いです。

ただ、歯の黄ばみは日頃の飲食物の摂取で着色されてくるので、半年~1年と継続する方が歯の白さを維持できますよ。

価格や返金保証などの違いをチェック!

ちゅらディノベート 価格

商品の価格や返金保証の有無などを比較してみました。

まずは価格から見てみましょう。

「ちゅらトゥースホワイトニング」「ディノベート」ともに購入する場合には公式ページからが一番お得ですね。

公式ページの料金がわかりやすいように表にしてみました。

商 品 名 初回価格 2回目以降の価格
「ちゅらトゥースホワイトニング」内容量30ml/1本 4,298円税込・送料無料
(通常価格の約33%OFF)
5,378円税込・送料無料
(通常価格の約16%OFF)
「ディノベート」内容量30ml/1本 1,771円税込・送料無料
(通常価格の約70%OFF)
4,298円税込・送料無料
(通常価格の約30%OFF)

この結果を見ると、初回、2回目以降ともに「ディノベート」がお得ですね。

定期コースに「縛り」はあるの?

「ちゅらトゥースホワイトニング」は、初回を含めて最低3回の継続(「縛り」)があります。

総額は3回受取の場合で、総額15,055円税込

一方「ディノベート」の場合も、初回を含めて最低3回(5本)継続(「縛り」)があります。

最低3回(5本)以上の継続が必要で、総額は5回受取の場合で、総額18,963税込となります。

購入する前に、これだけの費用はかかることを頭に入れておいて購入しましょう。

返金保証はあるの?

「ちゅらトゥースホワイトニング」「ディノベート」ともに返金保証の制度はありません。

選ぶ時のコツは?

ちゅらディノベート 選び方

「ちゅらトゥースホワイトニング」「ディノベート」ともに、比較的若い女性をターゲットとして人気です。

細かく違いを見た場合、成分に関しては、「ちゅらトゥースホワイトニング」の方が多くの種類の成分が使われています

ただし、ホワイトニングだけでみると同程度の成分が配合されています。

コスパで見てみると、完全に「ディノベート」の方が安く購入することができますね。

歯の黄ばみのみを何とかしたいと悩んでいる人には、コスパを考えても「ディノベート」が向いているかなと思います。

口まわりのトラブルとして、オールインワンで使おうと思っている人には「ちゅらトゥースホワイトニング」がおススメですね。

ご自身の悩みにどちらが向いているかを元に選ばれるといいかと思いますよ。
森下 瑛士
森下 瑛士

「ちゅらトゥースホワイトニング」と「ディノベート」の比較まとめ

いかがでしたか?

「ちゅらトゥースホワイトニング」「ディノベート」は使い方も良く似ており、共通のメリット、デメリットを持った商品です。

ただ、ホワイトニングに特化している分、価格面では「ディノベート」の方がコスパが良く、長く継続していくならメリットが大きいかなと思います。

ホワイトニングだけでなく口臭予防や虫歯予防、歯茎のケアとオーラルケアを求めている人には「ちゅらトゥースホワイトニング」がおススメ
詳しくはお得な公式サイト ⇒ ちゅらトゥースホワイトニングの公式ページはコチラ

ホワイトニングに特化し少しでもお安くケアしたい人は「ディノベート」がおススメですね。
詳しくはお得な公式サイト ⇒ ディノベートの公式ページはコチラ