自宅で出来る歯のホワイトニング一覧

健康な歯茎をキープするためには?効果的な方法を探してみた!

歯の黄ばみは見た目の印象に悪い影響を与えてしまいますが、歯茎の色も同じように色が悪いと悪印象を与えて損をしますよ。この記事では、歯茎の色を悪くする歯周病とはどんな病気か、そして、歯茎の健康をキープする方法について紹介しています。さらに、歯のホワイトニングと歯茎ケアも同時にできるオーラルケア商品もあわせて紹介しています。

研磨剤が入っていないのに歯の表面がツルツルしてくるのはどうして?

市販の歯磨き粉には研磨剤が配合されていることが多いです。これは、歯の表面の汚れを効率的に取るためですが、強く磨きすぎたり、汚れのないところを磨いた場合には返って歯の表面に傷が付きやすくなります。そこで研磨剤を配合していない商品が開発され人気です。研磨剤なしでも化学反応を利用し歯の汚れを浮かして取り除く特徴があります。

歯科医院でも増えてきた光触媒ホワイトニングは従来と何が違うの?

歯科医院で行なうホワイトニングはその効果は高いものの、ホワイトニング後に知覚過敏が起こったりとデメリットありました。そこで、最近採用されてきているのが光触媒ホワイトニングです。安全な酸化チタンを使用し、従来のホワイトニングのように漂白するのではなく汚れを浮かして除去するので自然は本来の歯の白さを取り戻すことができます。

歯の黄ばみは印象を悪くする!ふさぎ込む人を増やさない方法とは?

歯の黄ばみは人と会う機会の多い人にとって憂鬱の種。人によってはふさぎ込んでしまう人も見受けられます。歯科医院や美容歯科でホワイトニングすれば効果的なことはわかっていても、費用の問題や通院の時間の問題でなかなかハードルは高いです。そこで、自宅で自分のペースで出来るホワイトニングジェル「ディノベート」を紹介してます。