アバンビーズはどれくらいの期間使うとニオイに変化を感じる?

アバンビーズは胃腸薬で有名なわかもと製薬が歯科大学と共同で独自の技術を用い開発された口臭予防サプリメントです。

日本人は比較的他人との間に距離を置きますし、欧米人のようにキスやハグする習慣はありませんね。

そのため、外国人からすると、かなり口臭がキツイ人種と感じられるようです。

身近な口のニオイのトラブルだと、おばあちゃんがお孫さんと接する時に、「おばあちゃん、お口が臭い!」と言われたりといった悩みがあるようです。

子供は残酷ですからね。

ところで、口臭予防サプリ「アバンビーズ」は、使い始めてどれくらいで効果が実感できるのでしょうか?

実際に販売元に問い合わせると以下のような回答が返ってきましたよ。

効果には個人差がありますが、早い方で1、2週間から感じられるそうです。
ただ悪玉菌が多い方はお時間かかりますし、生活習慣の違いも影響いたします。乳酸菌は定着しないため、毎日続けて3粒(朝・昼・就寝前各1粒)舐めていただくのが口内改善の早道です。

もともとのあなたのお口の状態にもよりますが、割と早く効果が感じられるのは嬉しいですね。

もう少し詳しくお話していきたいと思います。

すぐに公式ページを見たい人はコチラ

⇒ アバンビーズの公式ページ

アバンビーズはどうして口臭に効果があるの?

ところで、アバンビーズを使うとなぜ口臭に効果があるか気になるところですね。

アバンビーズを開発したわかもと製薬はもともと乳酸菌に着目し、実験を繰り返してきました。

乳酸菌に関する莫大なデータの中から、アバンビーズの主要な成分となっているWB21乳酸菌見つけたんです。

ご存じのように、胃腸の中には非常にたくさんの常在菌がおり、その中には身体に良い菌と悪い菌が存在していることがわかっています。

実は、その環境はお口の中にも当てはまるのです。

そして、WB21乳酸菌は唾液の中にある良い菌と同じ成分を持っています。

唾液には口臭を抑える作用があります。

また、アバンビーズのもう一つの口臭を抑えるポイントとなるのがカテキンが入っている点ですね。

口臭の主なニオイ成分には、「硫化水素」「ジメチルサルファイド」そして、「メチルメルカプタン」の3つがあると言われています。

カテキンはこの中でも「メチルメルカプタン」のニオイを抑える作用を強く持っています。

アバンビーズでは、WB21乳酸菌を活きたままに、カテキンも高活性の茶カテキンを使っていることも大きな特徴です。

アバンビーズの効果的な飲み方とは?

どうせならせっかくの成分をより効果的に飲みたいですよね。

注意する点は2点です。

まず、一つ目は、アバンビーズはなるべく早く使うことです。

もともとアバンビーズは、1袋に詰められている数量を抑えています

理由は、開封して時間が経ってしまうとせっかく活きたままタブレットに閉じ込めたWB21乳酸菌の鮮度が落ちてしまうからです。

そのため使用する際にはしっかりと早めに使い切るようにしましょう

そして、二つ目は、絶対にそのまま水などで飲みこんでしまわないことです。

口の中で割って食べてしまうのもNGですよ。

ゆっくりと時間をかけて、口に中全体に味が広がるようにしましょう。

アバンビーズはヨーグルト味なので、お子さんでも美味しく舐めることができるので安心してください。

アバンビーズのまとめ

いかがでしたか?

口臭予防サプリメントはたくさんの種類が販売されています。

その中でも、飲み込んで使用するものは、体の内側からアプローチしており、数ヶ月かかるものも多いですね。

その点では、アバンビーズは個人差はあるものの、1~2週間で効果を実感できるというのは嬉しいですね。

身近な人にこそ、ニオイで嫌な思いをさせず、嫌な思いをしないようになるとコミュニケーションも楽しくなりますね。

↓↓↓気になる公式ページはココから

アバンビーズの公式ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする